個人精神療法(カウンセリング)

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 摂食障害の治療 > 病院 > 個人精神療法(カウンセリング)
摂食障害の治療

個人精神療法(カウンセリング)


個人精神療法とは、カウンセリングのことをいい、主に医師やカウンセラーと1対1で行われます。
カウンセリングを重ね、患者さん自身が病気に対して治そうという意欲を高めたり、摂食障害の裏にある心の問題に気づき、心の中を整理し、様々な悩みや問題に対処していくことを主な目的としています。

カウンセリングはまず、患者さん自身が現状を医師に伝えることから始まります。
発症のきっかけや現在の拒食・過食の状態、自分自身が体重や体型、食事に対してどのような考えをもっているのかなどを伝えます。
その他にも、現在悩んでいる人間関係や家族のことも、話せれば話します。

その後、摂食障害はどのような病気なのかを理解し、治そうという意欲を高めたり、体重や体型、食事に対する強い思い込みや誤解を正すよう、医師が助言を行ってくれます。
摂食障害では、まず本人が治そうとする意欲がなければいけませんし、体重や体型、食事に関してゆがんだ考えのままでは治療はあまり効果がありません。
特に、拒食症の人は「治りたくない」「痩せていたい」と心の底では思っていたり、「少しでも食べればものすごく太る」などと思い込んでいる場合が多いので、医師によって誤解を正す心理教育が行われ、病気を治そうという方向へ気持ちをもっていきます。
過食症の人も、「このまま治らないのではないか」というあきらめの気持ちを持っている人は、「いつか治る、治す」ということを信じ、前向きに考えられるよう促します。
誤解を正し、気持ちを前向きにすると同時に、拒食も過食も、正しい食生活ができるよう食事指導も行われます。

カウンセリングを重ねることでお互いに信頼関係を築けたころには、病気の背景にある心の問題について話し合います。




↑このページの一番上へ

■現在地
トップページ > 摂食障害の治療 > 病院 > 個人精神療法(カウンセリング)

≪   「摂食障害の治療」一覧へ戻る
≪≪ 「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

病院
病院治療のススメ
* どこで治療する?
 ├ 何科を受診するか
 └ 精神科・心療内科・神経科の違い
* 入院を要する場合
 ├ 通院か入院か
 ├ 精神科入院へのイメージ
 ├ 精神科への入院形態
 └ 入院時のトラブル
* 薬を使った治療
 ├ 過食症には抗うつ薬も
 └ 身体症状に処方されるもの
様々な治療法について
 ├ 個人精神療法(カウンセリング)
 ├ 対人関係療法
 ├ 行動療法(行動制限療法)
 ├ 認知行動療法
 ├ 家族療法
 ├ 再養育療法
 └ 集団療法
自立支援医療制度  ≪注目!!

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.