過食症には抗うつ薬も

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 摂食障害の治療 > 病院 > 過食症には抗うつ薬も
摂食障害の治療

過食症には抗うつ薬も


過食のある患者さんは、精神的にとても不安定で、うつ状態(落ち込み)やイライラが大変ひどい場合が多くあります。
治療では、カウンセリングなどでそれに対処していきますが、過食によるうつ状態やイライラには、抗うつ薬や精神安定剤が処方されます。
抗うつ薬とは、憂鬱で落ち込んだり、無気力で悲観的、集中できないなどの症状を改善し、意欲を高めてくれるお薬です。
精神安定剤とは、精神が興奮してイライラしたり落ち着かなかったりするような気持ちをやわらげ、気分を落ち着かせ、リラックスさせてくれるお薬です。

抗うつ薬や精神安定剤は、食欲中枢にも作用して食欲を抑える作用があるといわれています。

抗うつ薬や精神安定剤というと、「やめられなくなるのではないか」と心配する人も多いと思いますが、医師の指示の元で適切に服用すれば大丈夫です。
副作用についても、最近では副作用のほとんどないお薬が開発されているようです。
これらのお薬を服用することに不安のある人は、納得できるまでお医者さんにいろいろと質問してみてください。

ただし、治療にとってのお薬は、あくまでも補助的なものです。
熱冷まし薬や風邪薬のように、身体の症状に作用するお薬とは違って、精神的なもののためのお薬ですから、効果も人によって様々なようです。
抗うつ薬や精神安定剤で過食がかなり改善される場合もあるようですが、全く効果を感じられない人もいます。

薬を服用するときは、医師の指示を絶対に守って、薬だけに頼らず生活の中での治療にも積極的に取り組むことが望ましいと思います。




↑このページの一番上へ

■現在地  トップページ > 摂食障害の治療 > 病院 > 過食症には抗うつ薬も

≪   「摂食障害の治療」一覧へ戻る
≪≪ 「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

病院
病院治療のススメ
* どこで治療する?
 ├ 何科を受診するか
 └ 精神科・心療内科・神経科の違い
* 入院を要する場合
 ├ 通院か入院か
 ├ 精神科入院へのイメージ
 ├ 精神科への入院形態
 └ 入院時のトラブル
* 薬を使った治療
 ├ 過食症には抗うつ薬も
 └ 身体症状に処方されるもの
様々な治療法について
 ├ 個人精神療法(カウンセリング)
 ├ 対人関係療法
 ├ 行動療法(行動制限療法)
 ├ 認知行動療法
 ├ 家族療法
 ├ 再養育療法
 └ 集団療法
自立支援医療制度  ≪注目!!


Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.