身体症状に処方されるもの

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 摂食障害の治療 > 病院 > 身体症状に処方されるもの
摂食障害の治療

身体症状に処方されるもの


摂食障害によって、身体症状が起こっている時には、その症状によってお薬が処方される場合があります。
特に、拒食によってひどく痩せが進んでいる場合はお薬によって身体の不調を改善させる必要があります。

● ホルモン剤
痩せが進むと、女性の場合生理がこなくなります。生理が3年以上きていない場合は、産婦人科でホルモン補充治療を受ける必要があります。
● ビタミン剤
拒食の場合、栄養を補うために飲みます。
● カリウム剤
低カリウム血症がある場合に飲みます。
● 胃腸薬
過食嘔吐がひどくて、胃炎を起こしている場合に飲みます。




↑このページの一番上へ

■現在地 トップページ > 摂食障害の治療 > 病院 > 身体症状に処方されるもの

≪   「摂食障害の治療」一覧へ戻る
≪≪ 「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

病院
病院治療のススメ
* どこで治療する?
 ├ 何科を受診するか
 └ 精神科・心療内科・神経科の違い
* 入院を要する場合
 ├ 通院か入院か
 ├ 精神科入院へのイメージ
 ├ 精神科への入院形態
 └ 入院時のトラブル
* 薬を使った治療
 ├ 過食症には抗うつ薬も
 └ 身体症状に処方されるもの
様々な治療法について
 ├ 個人精神療法(カウンセリング)
 ├ 対人関係療法
 ├ 行動療法(行動制限療法)
 ├ 認知行動療法
 ├ 家族療法
 ├ 再養育療法
 └ 集団療法
自立支援医療制度  ≪注目!!

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.