入院時のトラブル

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 摂食障害の治療 > 病院 > 入院時のトラブル
摂食障害の治療

入院時のトラブル


摂食障害患者さんの入院の場合、起こりがちなトラブルがあります。
(ただし、ここに書いている事例は個人差があり、全く起こらない場合もありますので、ご了承くの上お読みください。)

摂食障害の患者さんは、他人を強く意識し、自分と他人を比べてしまう傾向があります。
入院した場合も、自分と同じ病気の人々に出会うことで、様々な点で自分と他人を比べてしまったりします。
他人の病状や症状、原因、家族環境なども知りたがったりします。
治療の違いにも敏感に反応し、他人のほうが親身になってもらっているとか、かまってもらっている、いろいろな点で自分より上のように感じたりした場合、わざと人を寄せ付けないようにふるまって自ら周囲から孤立したり、自分が悪いのかもしれないと責めたりします。
他人が食べる量や体型も大変気になって、他人より食べる量を減らそうとしたりします。

また、嘔吐する人は、食事後にトイレにこもって出てこなかったり、トイレを汚してしまったり配水管を詰まらせてしまう場合があります。

さらに、過食衝動のある人は、入院中でもどうにかして食べようとする場合があります。
隠れて食べ物を買ってきたり、他の患者さんから食べ物をもらったり、お金を管理されていて手持ちのお金がない場合には、外出時に万引きしてしまったりします。

これらの問題は、病院側でも十分配慮して治療が行われていると思います。




↑このページの一番上へ

■現在地  トップページ > 摂食障害の治療 > 病院 > 入院時のトラブル

≪   「摂食障害の治療」一覧へ戻る
≪≪ 「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

病院
病院治療のススメ
* どこで治療する?
 ├ 何科を受診するか
 └ 精神科・心療内科・神経科の違い
* 入院を要する場合
 ├ 通院か入院か
 ├ 精神科入院へのイメージ
 ├ 精神科への入院形態
 └ 入院時のトラブル
* 薬を使った治療
 ├ 過食症には抗うつ薬も
 └ 身体症状に処方されるもの
様々な治療法について
 ├ 個人精神療法(カウンセリング)
 ├ 対人関係療法
 ├ 行動療法(行動制限療法)
 ├ 認知行動療法
 ├ 家族療法
 ├ 再養育療法
 └ 集団療法
自立支援医療制度  ≪注目!!


Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.