通院か入院か

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 摂食障害の治療 > 病院 > 通院か入院か
摂食障害の治療

通院か入院か


摂食障害では、入院治療が必要な場合、効果的な場合があります。

拒食症の場合

まず、拒食症の場合、体重が著しく低下し、体調不良、意識障害、低血糖、歩行が困難なほどの衰弱などが見られる場合は、入院治療が必要です。
また、排出型で嘔吐などがひどく、重度の電解質異常(※)があるとき、うつ状態がひどいとき、自傷行為があるときも入院治療が必要です。
ただ、拒食症で生理が無かったり体重減少があっても重度でなく、患者さん本人が治療に積極的な場合は、通院治療でも改善させていけるようです。

過食症の場合

過食症の場合は、拒食症より餓死などの身体的危険は少ないですし、患者さん本人も治したいという思いがあり、治療に意欲的な場合が多いので、基本的には通院治療で十分です。
ですが、過食があまりにひどく、自分では全くコントロールできない状態に陥ってしまっているときは、入院して食事を管理してもらい、いったんそこから抜け出すことが効果的な場合があります。
また、嘔吐や下剤乱用がひどく重度の電解質異常(※)があるとき、うつ状態がひどいとき、自傷行為や自殺企図がみられるときも入院治療が必要な場合があります。

拒食症でも過食症でも、家庭で対応できる限界を超えた場合には、家族と患者さんの間の葛藤が深まって泥沼化してしまう場合もあります。
そのような場合も、入院治療のほうが良いと判断される場合があります。

※電解質異常とは、嘔吐や下剤乱用で、体内に必要なカリウムやナトリウムが失われてしまい、けいれんや体の衰弱、動悸や不整脈を引き起こします。重度の場合は心不全を起こす場合もあります。




↑このページの一番上へ

■現在地  トップページ > 摂食障害の治療 > 病院 > 通院か入院か

≪   「摂食障害の治療」一覧へ戻る
≪≪ 「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

病院
病院治療のススメ
* どこで治療する?
 ├ 何科を受診するか
 └ 精神科・心療内科・神経科の違い
* 入院を要する場合
 ├ 通院か入院か
 ├ 精神科入院へのイメージ
 ├ 精神科への入院形態
 └ 入院時のトラブル
* 薬を使った治療
 ├ 過食症には抗うつ薬も
 └ 身体症状に処方されるもの
様々な治療法について
 ├ 個人精神療法(カウンセリング)
 ├ 対人関係療法
 ├ 行動療法(行動制限療法)
 ├ 認知行動療法
 ├ 家族療法
 ├ 再養育療法
 └ 集団療法
自立支援医療制度  ≪注目!!


Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.