病院治療のススメ

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 摂食障害の治療 > 病院 > 病院治療のススメ
摂食障害の治療

病院治療のススメ


摂食障害は、心の治療と、場合によっては身体の治療も要します。

ですが、拒食症患者さんは自分が病気ではないと思っていたり、自覚していても病院に行けば痩せたいという思いを否定されて太らされるのではないかと思って、病院へは行きたがらなかったりします。
または、「食べようと思えばいつでも食べられるから、拒食は自分で治せる」と思っていたりします。
拒食症の治療のためには、まず本人が自分が拒食症であること、自分が痩せすぎであることをはっきりと自覚しなければいけません。
そうしなければ治療しようという意欲が沸かないからです。
拒食症の患者さんを持つ家族は、患者さんが痩せすぎであることを心配し、どうにか食べさせたいと思うはずです。
「あなたは痩せすぎているよ」と呼びかけ、どうにか自覚させようとしますが、本人は「私は痩せていない。元気だから大丈夫。」と言う場合があります。
家族同士で「痩せた」「痩せていない」の押し問答をしていては、感情的になったりしてしまいます。
ですから、専門の医師から客観的に痩せすぎであること、このまま痩せが進めば危険であることなどを本人に説明してもらうことのほうが、本人も理解しやすくなると思います。

一方過食症の人は、過食をやめたいという強い気持ちから、比較的病院を受診しやすいのですが、過食をすることを自分の意志が弱いせいだと責め、「過食はどうにか自分でやめよう」と思ったりして、病院を受診しない人もいます。
または、過食症を自分では治したいと思ってはいるものの、実は心の中では過食症を手放そうとはしていない人もおり、病院を拒む場合もあります。

拒食症も過食症も、自分は病気ではない、病院は必要ではない、実は本気で治そうとはしていない等という考えから受診を避けていると、ますます痩せが進んで体調を崩し、救急病院へ運び込まれる事態まで悪化する場合もありますし、過食が慢性化してしまって、治りにくくなってしまったりします。
ですから、ぜひとも病院治療はすべきだと思っています。

また、病院治療は摂食障害患者さんを持つご家族にとっても大変良いことだと思います。
病院と家族が積極的にコミュニケーションをとっていくことは、摂食障害という病気の理解、患者さんの苦しみの理解の助けになりますし、ご家族も病院のサポートを受ければより前向きに患者さんと向き合っていけるかもしれません。

ここでは、病院で行われる治療について書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。




↑このページの一番上へ

■現在地  トップページ > 摂食障害の治療 > 病院 > 病院治療のススメ

≪   「摂食障害の治療」一覧へ戻る
≪≪ 「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

病院
病院治療のススメ
* どこで治療する?
 ├ 何科を受診するか
 └ 精神科・心療内科・神経科の違い
* 入院を要する場合
 ├ 通院か入院か
 ├ 精神科入院へのイメージ
 ├ 精神科への入院形態
 └ 入院時のトラブル
* 薬を使った治療
 ├ 過食症には抗うつ薬も
 └ 身体症状に処方されるもの
様々な治療法について
 ├ 個人精神療法(カウンセリング)
 ├ 対人関係療法
 ├ 行動療法(行動制限療法)
 ├ 認知行動療法
 ├ 家族療法
 ├ 再養育療法
 └ 集団療法
自立支援医療制度  ≪注目!!

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.