休職と傷病手当金

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 摂食障害の治療 > 周囲の環境 > 休職と傷病手当金
摂食障害の治療

休職と傷病手当金


休職とは、会社に在籍したままで、契約も維持されたままだけれど、仕事を免除された状態のことです。
休職してもよい期間の限度や、休職中のお給料については、それぞれの会社の就業規則で決められています。
仕事中のケガなどが原因で会社をお休みするわけではないので、ほとんどの場合お給料はでません。(仕事や通勤が原因のケガや病気については、労災保険から給付を受けます。)
ですが、その代わりに「傷病手当金」を受けることができます。
傷病手当金は、会社の業務外でのケガや病気で仕事を欠勤し、お給料が支給されない場合に、安心して療養に専念できるように、いつももらっているお給料の一部を給付してもらうことができる制度です。
入院する場合はもちろん、自費診療や自宅療養の場合も対象になっています。
会社で正社員として働いている人はみんな、会社で健康保険に加入していると思いますが、傷病手当はその健康保険から支給されます。
傷病手当金が支給されるのは、仕事ができなくなって欠勤してから4日目から、勤務可能になるまでの間ですが、支給期間の限度は1年と6ヶ月です。

傷病手当金の支給を受けるには、以下の4つの条件を満たしていなければいけません。
・病気やケガの療養のために、仕事をすることができないこと
・仕事ができない日が、続けて三日以上あること
・会社での仕事ができなくて、会社からお給料が支払われないこと
・会社で健康保険に加入していること
傷病手当金を申請するには、以下の書類が必要です。
・傷病手当請求書
・病気やケガのために仕事ができないという証明書類
 (医師に意見を書いてもらいます)
・休業証明(会社側に証明してもらいます)
・その他添付書類(出勤簿や賃金台帳)
書類を提出し、傷病手当を申請するのは、会社を管轄している社会保険事務所です。

傷病手当金を請求する場合、まずは会社側か全国健康保険協会(協会けんぽ)に問い合わせてみるのが良いと思います。

参考>>全国健康保険協会「傷病手当金」




↑このページの一番上へ

■現在地  トップページ > 摂食障害の治療 > 周囲の環境 > 休職と傷病手当金

≪   「摂食障害の治療」一覧へ戻る
≪≪ 「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

周囲の環境
* 学校で
 ├ 学校側との協力
 └ 休学や退学という選択
* 会社で
 ├ 休職という選択
 ├ 仕事のススメ
 └ 休職と傷病手当金
インターネットの利用




Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.