摂食障害は治ります

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 摂食障害の治療 > 周囲の方へ > 摂食障害は治ります
摂食障害の治療

摂食障害は治ります


摂食障害を治すにはどうしたらいいのか?
治療には、どれくらいの期間がかかるのか?
本当に治るのか…??
ご家族も本人も、とても知りたいことだと思います。
しかし、残念ながら摂食障害には、これを飲めば治るというような特効薬があるわけではありません。
病気の重症度や治療の環境等にもよりますが、治療には長い時間を要します。
ようやく治ったかなと思っても、何らかのきっかけで再発してしまうこともあります。
ですが、治る病気であることに違いはありません。

患者さん本人は、「もう治らないかもしれない」「自分には何もできない」「なにもかもどうでもいい」と、自分自身に絶望し、未来なんて真っ暗だと思い込んでしまいがちです。
ですが、家族の皆さんは「摂食障害は絶対に治る」「絶対に治す」という強い思いを絶対に持ち続けてください。
家族の皆さんがあきらめてしまっては、患者さんの気持ちは前向きにはなれないと思います。
患者さんの状態がどんなに最悪のときでも、絶望しないでください。

私は今、摂食障害からほぼ立ち直ろうとしています。(2007年8月現在)
まだまだ過食することもあるし、精神的にもすごく不安定であるけれど、それでも良くなってきていることを実感しています。
私は摂食障害の渦中にいるときは、自分が普通の生活ができるなんて、想像もできませんでした。
ずっとこの生き地獄が続くものだと思っていました。
そのうちに自殺して人生を終わらせるときが摂食障害の終わりのときだと思っていました。
でも、治るんです。
今の私に、私自身が一番驚いています。
あの時死んでいなくて良かったと、そう思います。
どうか、希望を持って治療に取り組んでください。
家族が本人が回復することを信じ、安定した精神状態で患者さんに接することが、とても大事だということを忘れないでください。




↑このページの一番上へ

■現在地 トップページ > 摂食障害の治療 > 周囲の方へ > 摂食障害は治ります

≪   「摂食障害の治療」一覧へ戻る
≪≪ 「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

周囲の方へ
家族の方へ
 ├ 摂食障害は治ります
 ├ 早期発見、早期治療(拒食症)
 ├ 早期発見、早期治療(過食症)
 ├ 病院の利用
 └ 兄妹への対応
* 対応姿勢について
 ├ 食べ物を買い置きしない
 ├ お金の管理
 ├ 嘔吐や下剤乱用への対応
 └ 受診をすすめる(拒食症)
*好ましくない対応
 ├ 放置しない・無関心にならない
 ├ むやみに励まさない
 ├ 「よくなったね」と言わない
 ├ 無理強いしない
 └ 焦らない・結果を急がない
友人・恋人へ

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.