みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2009年 > 11/02/ちるさん(29歳)

11/02/ちるさん(29歳)


私の摂食障害(過食)の始まりは中学生くらいだったと思います。
きっかけは覚えていませんが、ダイエットだと思います。
それから現在29歳まで、一進一退を繰り返しています。

何軒もメンタルクリニックを変えたり、色んな本を読み漁ったりして来ました。
酷かった時は1週間に5日過食をしていたこともありました。
今は1週間に1回あるかないか、というペースです。
まだまだ過食をしてしまいますが、29歳にして初めて打ち込めそうなものに出会いました。
それはランニングです。

痩せたいという思いだけでジムに行っては辞めての繰り返し。
摂食障害の方は特に人の目を気にされると聞いたことがあります。
私もその1人です。
どこでもそうですが、ジムに行ったら、そこには既にコミュニティが存在していて、何もされていなくても人目を気にして、1人疎外感を感じていました。
時間にも拘束されるし、私には結果的に合いませんでした。

でもランニングなら好きな時間に出来るし、黙々と走るのが性に合っていたらしく、徐々にはまりつつあります。
「今過食したら走れない。」と思いつつ、食べてしまうこともありますが、毎日少しずつ過食だけに囚われていた日々からは成長して行っている気がします。
完全に克服できるのはいつかは分かりませんが、いつかは完全に克服できると信じています。



このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る

<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る
Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.