みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2012年 > 03/09/ララさん(25歳)/過食症

03/09/ララさん(25歳)/過食症


きっかけは高校二年生の頃、体調をくずして体重が減ったのをきっかけに、そのままダイエットをしたことです。
うまく痩せることができたので凄く嬉しかったし、「ほんとうの自分になれた!」と感じたことを覚えています。

しかし数ヶ月後、冷蔵庫にあった夕食の残りのポテトサラダを全部食べたのをきっかけに、過食するようになりました。
嘔吐はできなかったのでどんどん体重は増え、そんな姿を誰にも見られたくなくて、学校にも次第に通えなくなりました。
担任の先生も宿題を送ってくるだけで、親身にはなってくれませんでした。
誰にもつらさを分かってもらえなくて、もの凄く苦しかったのを覚えています。
結局そのまま学校には通えなくなり、数年間引きこもりの生活になってしまいました。

その間、通院しながら勉強やダイエット(すぐに過食でリバウンドしましたが)、一人暮らしなどを経験し、少しづつですが社会復帰に向けて頑張りました。
体重は増えたり減ったり、気持ちの方は
「治ってきたのも…!」
「やっぱり治ってないやん!」
「いつになったら治るの?!」
という感じで、一進一退を何度も繰り返しました。

そしてやっと就職!というろころまできましたが、会社でのいじめ、少し落ち着いていた過食の再発で生活が回らなくなってきたので、限界を感じて退職しました。
その後も過食が落ち着かず、ずるずるとまた引きこもり気味の生活になってしまっています。
結構大きくぶり返してしまったので、治ってきていると思っていた分ショックが大きく、毎日落ち込んでいます。
何とか通院だけは続けようと思っています。



このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.