みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2012年 > 04/18/mikonekoさん(43歳)/拒食症

04/18/mikonekoさん(43歳)/拒食症


ずっとデブでした。
20歳の時に「痩せたらいいのにもったいない」という先輩の軽い一言でダイエットをはじめました。
一人暮らしだったので、初めは食べないダイエット。
そのうちに過食嘔吐をはじめました。
体重が減るのが楽しくて、半年で20kg痩せましたが、その時には体がボロボロになってました。

あれからリバウンドを繰り返しながら、就職、結婚そして一昨年出産をしました。
(もちろん不妊治療をしました。) 
摂食障害は私の一部のようになっていて、妊娠中につわりで吐いているのか、過食嘔吐なのかわからなくなってきた頃から、
お腹の子に与える影響が怖くてカウンセリングを受けました。
そこで、赤ちゃんには大した影響はないから大丈夫。
あとは、吐いても「あ、またやっちゃったか」くらいに受け止めて、上手く付き合っていけばいいと言われました。
今から、摂食障害の大元に立ち向かっていくことはないって。
先生には、そこそこ自分で解消しているように見えたのでしょうね。
私自身もそう思ってました。

しかし、出産後、育児のストレスで時々過食嘔吐して、「赤ちゃん、泣いているのに何やっているんだろう?」って自己嫌悪。
さらに離乳食後期の頃から「ちゃんと食べさせなきゃ」という思いでがんじがらめになり、食べないとイライラして「どうして!」と泣き叫びました。
そして子供が怖くなりました。
昨年、半年ほど実家に帰ってましたが、その間にパニック障害が併発してしまい、過食嘔吐だけではすまず、リストカットも始めてしまいました。
子供といると安定しないという医師や家族の判断で、帰京(実家は雪国なので冬は閉じこもり気味になるために、帰京したほうがいいと言われました)した後は、子供(男女の双子です)は車で十分ほどのところに住んでいる夫の両親のもとに預けています。
時々、会うのですが、その時はもう前日から不安で不安でたまりません。
でも会わない日は「母親を放棄している」と落ち込んで、過食嘔吐やリストカットをしてしまいます。

自己肯定感がとても低いです。
すぐに「こんな自分には価値がない」と思ってしまいます。
双子は幸い、義両親や私の姉たちの助けですこやかに育っています。
自分を縛っている何かから、自分を解放してあげたい。
自分を否定している自分から、自分を助けてあげたい。

自分を助けられるのは自分だけなんだけど、なかなか上手くできないです。



このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.