みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2012年 > 05/27/ゆかりさん(20歳)/過食症

05/27/ゆかりさん(20歳)/過食症


拒食気味から過食になり、今は過食嘔吐です。
最近はどうでもいいと開き直ってしまったのか、周囲の人たちにもなんとなく摂食障害のことは言っています。

きっかけというか、最初にダイエットをしたのは小学校4年生のときでした。
もともと社交的ではない性格のせいか、転校した学校に馴染めず、家にこもることが多かったです。
活発でしたが運動は苦手。
活発さもだんだんなくなり、ピアノの練習とパソコンばかりするようになりました。
近所に住んでいた子がよく外で遊ぼうと誘いに来てくれましたが、断ることが増えました。

その年に、父の実家に遊びに行きました。
おばあちゃんに言われた言葉は「まあ、豚みたい!」
そこからダイエットを始めました。
が、食え!と親に叱られまた食べるように。
それからは太っているのを気にしてはいたけど、ダイエットはしないまま、高校まで太めの体型で過ごしていました。

高三の夏前にピアノを辞めました。
音大に進学するつもりだったけれど、辛くなって辞めました。
そこからおかしくなりました。
今まで生活の中心だったものがなくなったのです。
普通の大学に進学するには、勉強しなくちゃいけません。
でもやる気が全く起きなくて、なんとなく参考書を開いてノートに書き込んで…の繰り返し。
毎日ダラダラと過ごしていました。

いつの間にかダイエットを始めていました。
初めは夕食を少し減らす。
おにぎり一つにする。
とか、カロリーメイトだけにするとか。
するする痩せました。
そのうち昼食を食べなくなっていきました。
母が作った弁当を何度もトイレに流しました。
学校も休むようになりました。
最後は何も食べずに一日中ベッドでごろごろしていました。

でも、食欲が爆発して過食に。
太るのが嫌で、なんとか嘔吐はできないものかと指を喉につっこんだり、水をたくさん飲んだり。
そのまま浪人へ。

浪人生のときは吐くことは少なくなりました。
何度か、ダイエットはしていましたが。
冬のほうはまた拒食気味になっていましたが、なんとか大学には合格しました。

今大学二年生です。
過食嘔吐は毎日。
一日一回で終わる日もあれば、四回、五回と繰り返す日も。

お金がありません。
今セクキャバでバイトしてます。
一日二万ほど貰えるのに、お金は貯まりません。足りません。
風俗しようかなって考えてる始末です。
彼氏に過食嘔吐のことは話しましたが、何度かそれが原因で喧嘩をしてしまいました。
最近は話題には出しません。
彼は色々調べてくれているみたいですが。

摂食障害のことは、私にもわかりません。
どうしてこんなことをするのか自分でも理解できないのです。
食べることに消えたお金を貯めていれば、私は友人と出かけ、ごはんを一緒に食べたり、誰かにプレゼントをあげたり、もっと色々できるでしょう。
でも食べてしまう。
母と私を助けてくれようとしてくれる人たちには、申し訳ないです。
ずっとこのままでいるのは嫌です。
明日になったら溶けて消えてしまえばいいなあと思います。

体型が自分の絶対の価値になっています。
いつか、その価値観は変わるよと言われました。
早くそうなって欲しいです。




このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.