みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2012年 > 05/31/まなさん(23歳)/その他

05/31/まなさん(23歳)/その他


私が摂食障害になったのは18歳の時です。
生理も止まりました。

専門学校に入ってからは、拒食と過食を繰り返しました。
母が作ったお弁当を捨てたりしました。
過食の衝動が襲ってくると、駅のトイレで買ったおにぎりを食べたりしていました。

20歳の時から夜の仕事をするようになると、ますます体型が気になり、毎日ジュースだけの生活をしていました。
痩せてればみんなが綺麗と言ってくれるからです…。
お店でも太る事はいけない事のように指導されていました。
痩せてる自分が大好きで、もっともっとと欲が出てきました…。
だけど、空腹に耐えきれなくなると過食して嘔吐していました。
下剤と嘔吐のしすぎで脱水になり、意識を失い運ばれた事もあります…。

今は仕事も辞めて同棲しているのですが、夜ごはんを作って一緒に食べる事が悩みです。
前より太ったきがします。
病院の先生にはそんな事はないと言われるのですが、やっぱり受け入れられないです。
できれば食べたくないです。
これはまだ病気が治ってない証拠です。

こんな自分が嫌いでたまに死にたくなります。
誰のせいでもないのに…。
食に振り回されるのは嫌です。
同じ病気の人と話したいのですが、なかなか機会がないので、このサイトを見てみんな頑張ってるんだなって勇気をいただきました。

いつ治るのか分からないけど治したい。
自分の事を好きになりたいです。



このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.