みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2012年 > 06/23/あすみんさん(17歳)/拒食症

06/23/あすみんさん(17歳)/拒食症


現在高校3年の歳です。

拒食症と診断されたのは高校1年の秋でした。
きっかけは摂食障害でよくあるパターンのダイエットでした。

周りもダイエットし初めて、みんなと同じように頑張ろう!って思ってずっとダイエットしてきました。
ダイエットしている間に、徐々に食事制限の度が過ぎて行き、嘔吐することもよくありました。
診断されても自分では実感もなく、逆に何で?っていう疑問しかありませんでした。

そのときの体重は150cmの36kgでした。
ダイエットなど意識してなかった頃は、150cmの40kgでした。
そこまで体重が落ちるのには3ヶ月くらいかかって、その頃は普通のダイエットの気持ちでした。
そして、高校1年の時の冬に急激に体重が減り、最終的に27kgまで落ちました。

でもその頃はすごく毎日が楽しかった反面、みんなが見てくる視線が気になったり、食べてる姿を見るのが気になって仕方ありませんでした。
「自分が見られてるのはまだ太っているからだ…」
みんなの食べている姿を見て、私より量が少ないって考えたら、辛くてその日は食べないというのが続きました。

そんなことを意識している頃、中学3年の1月に亡くなった母を思いだし、母みたいになれば友達に好かれるかな…と考えていました。

過食にもなりました。
目付きも変わるようで、誰にも止めれないくらいの勢いで食べていたらしいです。
自分ではその頃を思い出せません。

体重は、拒食の頃に体重計を取り上げられて測らせてもらえなかったので分かりませんでしたが、写真や周りに言われたことを思いだしたら、相当体重は戻り以前より増えた気がします。

摂食障害と診断された半年後くらいに、躁鬱病、パニック障害、PTSDと診断されました。
今でも自分はそんな病気ではないと思いながら毎日過ごしています

でも自傷行為がやめれなくて、入院したりバイトや学校も行ける状況ではなくなったり、フラッシュバックみたいに母のことを思い出したり。
無駄な衝動買いや引きこもり。
みんなの「痩せたい」などの言葉でうなされたり。
そんなことが毎日のように続いているので、前よりは自覚しているつもりです。

今は食事制限をしていて、以前の記憶を思い出すとこれは拒食なのかな…と思い、たまたまこのサイトを見つけ、ここで自分の気持ちを周りと共存できたらいいなと思い、投稿してみました

以前付き合っていた彼氏がDVでひどかったり、みんなが太ったと言ってくる言葉などで、今は自分が太って見えて仕方ないのと、女らしい体系が嫌で仕方ありません。

現在、祖母と弟と暮らしていて、私の面倒は全て祖母が見てくれています。
大量に薬を飲んだりしてしまうことがあるので、薬の管理や私の気分などは全て祖母が見てくれています。
祖母にはすごく迷惑かけていると自覚していますが、どうしても自分のしていることがやめれなかったり、気持ちを整理することができません

こんなことを書いて宜しかったのかは分かりませんが、この場を設けいただけて
感謝しています。
まずは自覚症状がはっきりするように頑張れたらいいと思っています。

そして天国の母、祖父に心配をかけたくないので、早くこの生活から克服したいです。




このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.