みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2012年 > 07/04/エバさん(27歳)/過食・拒食症

07/04/エバさん(27歳)/過食・拒食症


名前 年齢 摂食障害歴 性別
エバさん 27歳 1年〜3年 女性
住所 職業 一緒に住んでいる人
近畿 パート・アルバイト 家族と(親や祖父母、兄弟etc)
今の状態
過食症、拒食症、過食嘔吐、絶食、チューイング、うつ状態、自傷行為
通院の有無 服用中のお薬
通院中 デプロメール、デパケン、ジェイゾロフト、チスボン、マイスリー、ロヒプノールー、ベンザリン、メチコバール、エリミン、ベゲタミン、ベゲタミン、デパス、ソラナックス、ワイパックス

 ご家族との関係について教えてください

家族には本当によくして貰っています。
父と母は、すごく理解してくれています。

4月から一緒に住むようになった妹は無関心を装ってくれているので、また、たすけられています。

 摂食障害になったきっかけや、これまでの経緯を教えてください。

水商売をしていました。同時に、薬物もしていました。
そのときのお客さんに拉致監禁され、暴行をされ、結婚する運命なんだと言われ婚姻届にサインをするまで暴力を受け、自殺をする覚悟でサインをし、自殺未遂しました。
その後、裁判から警察、シェルターと慌しく日々が過ぎ去っていくなか、幻覚、幻聴が聞こえだし、通院したら、覚せい剤後遺症でした。
その治療で20キロ太り、その時5年付き合っていた彼氏から、太りすぎ、女として見れなくなったと言われ、二股していた事を告げられ振られました。
また覚せい剤で痩せました。
そのときから、対人恐怖症や鬱、解離性人格がでてきました。
3年後、彼氏ができました。
その彼氏は私に「僕は今まで浮気をした事がないし、絶対しないから。」と言いました。
しかし一年後、浮気されました。
浮気相手のことを問い詰めると「お前より細かった。」と。
その言葉を信じ、そして私は又、薬物中毒になり、同時に拒食になりました。
絶食が半年続きました。
カロリーのあるものはは野菜ジュースのみ。
ついに、薬物中毒と拒食で入院しました。
入院直後の体重は162センチの35キロ退院後。
何かが切れたかのように、過食になり毎日、朝から晩まで、いえ、夜中まで食べていました。
移動中の車の中でさえ。
そして、退院直後の40キロから40キロ太りました。

 学校や職場での悩みはありますか?

食事は一定量がわからず、分けて貰えないと食べすぎてしまいます。
目の前にあると全部食べたくなります。
職場では、急激に太ったので皆から大丈夫?等と聞かれるのが辛い。

 摂食障害を克服するために、何かしていることはありますか?

通院、チャリに乗っている。ウォーキング。
毎日お風呂に入っています。

 今までの辛かったこと、今困っていること等、あなたの想いや体験談を書いてください。

20キロと40キロ太ったことです。
自分に自信がなくなった。
お洒落する気力も、友達と会いたいとも思えなくなった。
浮気される自分さえいなかったら、こんなことにはならなかったのにと、いつも思ってしまう。

二回も同じ思いをするなんて学習能力がないんだと。

拉致監禁されたときが一番辛かったです。
死にたいと毎日思いながら暴行されていました。
婚姻破棄という形で決着は付いたもののPTSDとして残り、一生付き合っていかなければならないと思うと苦しい。




このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.