みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2012年 > 07/09/いづなさん(27歳)/拒食症

07/09/いづなさん(27歳)/拒食症


名前 年齢 摂食障害歴 性別
いづなさん 27歳 1年 女性
住所 職業 一緒に住んでいる人
中国 家事手伝い 家族と(親や祖父母、兄弟etc)
今の状態
拒食症、うつ状態、克服まであと一歩!
通院の有無 服用中のお薬
通院中 ワイパックス

 ご家族との関係について教えてください

家族は4人家族です。両親、妹、そして私。
母は病気で半身不随になってしまいました。
母と私、病気は違えど、毎日二人とも病気と戦っている状態です。

私は母と妹が大好きで、今はそれが支えとなって生きています。
二人の前でなら、頑張って食べて行こうかなとも思えます。
ただ、『食べているか、いないか』と言う監視役も二人は行ってくるので、時折それがプレッシャーにもなっています。
食べたくない時も時折あるので。

父とは、今若干仲が良くない状態です。
出来れば母と妹と3人で暮らしていきたいですが、経済面からそれが許されない状況です。

 摂食障害になったきっかけや、これまでの経緯を教えてください。

厳しい就職難でしたが、ようやく就職出来た補正下着メーカーの事務。
しかしそこが地獄への道でした。

随分年上の女性しかいない、少人数の職場。
お局様が全てを取り仕切り、その人に逆らうと全て否定されるような職場でした。
その中で私は一人若く、全てを否定され、次第に苛められ、孤立していきました。
ある程度有名な、オーダーメイドの補正下着メーカーと言うことで美容にも厳しく、痩せていることが全てという考えで、私にも痩せることを進められました。

運動は事務で座りっぱなしなので難しく、食生活から体重を落しました。
最初は食べる量を少なくしていき、次第に食べられなくなりました。
ついには一日100キロカロリーも摂取しなくなり、体重も30キロを切り、入院しました。
入院は半年以上も及び、最近ようやく自宅療養となりました。

 学校や職場での悩みはありますか?

無し

 摂食障害を克服するために、何かしていることはありますか?

通院している病院の先生が良い方で、辛くなったら好きな時に電話しても良いと言うことで、それが支えになっています。

また、毎日一緒にいる母との会話も、生きていようと言う気にさせてくれます。

人と触れ合うことが、『私はまだ生きている』と言う気分になり、生きよう、食べようと言う気分にさせてくれるようです。

 今までの辛かったこと、今困っていること等、あなたの想いや体験談を書いてください。

今は少しづつ体重を増やして行こうかと言う気分になっており、ゆっくり食べている状況です。
一気に体重を増やすことに抵抗があり、お腹いっぱい食べたいと言う気持ちはありますが、まだお腹いっぱいは食べられません。
好きなものを好きなだけ食べても構わない状況なのに、それが出来ないのも少し辛いです。
無意識にカロリー計算してしまう時もあり、『あー、まだ病気の克服までは遠いかな』と落ち込むこともあります。
食べることが怖くなり、食べられなくなる時もあります。

それでも、克服出来ない病気じゃない、体重が増えたらあまり体重の事や、摂取カロリーの事は気にならなくなるよ、と言う先生の言葉を信じて、何より自分が健康になるために日々を過ごしています。
何も食べられなかった時と比べれば食事は取れているので、治るまであと一歩と思っています。

拒食はもちろん、過食も死ぬかもしれない病気です。
私と同じ状況の方も、治る病気であると信じて、自分は唯一無二の存在で病気で死んだらもったいないと思って、進んでほしいです。
楽しい食事が出来るようになれば良いですね。




このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.