みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2012年 > 10/11/沙明菜さん(26歳)/拒食症

10/11/沙明菜さん(26歳)/拒食症


名前 年齢 摂食障害歴 性別
沙明菜さん 26歳 3年 女性
住所 職業 一緒に住んでいる人
中国地方 無職 家族と一緒
(親や祖父母、兄弟など)
今の状態
拒食症、過度の運動、うつ状態
通院の有無 服用中のお薬
通院中 マイスリー、レクサプロ、ロヒプノール

 ご家族との関係について教えてください

両親、妹の4人家族で、わたしは長女です。

些細な喧嘩などはたまにありますが、落ち着いた父親、活動的な母親、バイタリティ溢れる妹に囲まれて、家庭環境は恵まれていると思います。

特に、妹は歳が近いという事もあってか、話も合い、よく一緒に遊びに出掛けます。
わたしの病気についても理解があり、相談にも乗ってくれます。

 摂食障害になったきっかけや、これまでの経緯を教えてください

始まりは私が23歳位のときでした。
それまでは、ダイエットとは無縁の何でも食べてどこでも寝れる子でした。

洋服やメイクにも興味が殆ど無かった私でしたが、ある時から可愛い服が着たい。もっとオシャレをしたいという事がきっかけでダイエットを始めました。
といっても、ハードな物ではなく夕食を少なめにするとか、その程度でした。
それだけでも徐々に体重は落ちていったので一種の快感を得たような気になり、そこから深みにハマリ、結局現在は炭水化物と肉類(魚は食べれる)、お菓子類や油物を殆ど受け付けなくなりました。

 学校や職場での悩み、人間関係での悩みを教えてください

いまは無職です。なので再就職についての悩みは大きいです。

人間関係は良い方だと思っています。

 摂食障害を克服するために、何かしていることや心がけていることはありますか?

心療内科に週に1回のペースで通院しています。

主食は野菜・海草などですが、たんぱく質は不足しないよう豆腐・納豆などは食べるようにしています。
汁物も日に1回は飲むようにしています。

 今までの辛かったこと、今困っていること等、あなたの想いや体験談を書いてください。

ダイエットが生きがいに感じています。
痩せている自分に価値観を感じ、ほぼ毎日体重計に乗ります。
1〜2kg増えていたらパニックに陥り、さらに食べる物を減らしています。

毎日、体がだるいし、フラフラします。
糖質を絶っている為に不眠症にもなってボーっとした感じが続いています。
順調だった生理も止まり、誘発剤を使ってでしか来なくなりました。

「食べたい」でも「食べたら太ってしまう」という葛藤があり、永遠ループに陥り、抜け出せていないのが現状です。



このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.