みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2012年 > 11/04/まめさん(21歳)/過食・拒食症

11/04/まめさん(21歳)/過食・拒食症


名前 年齢 摂食障害歴 性別
まめさん 21歳 1年未満 女性
住所 職業 一緒に住んでいる人
関東地方 大学生・短大生、専門学生 一人暮らし
今の状態
過食症、拒食症、絶食
通院の有無 服用中のお薬
していない

 ご家族との関係について教えてください

そんなに頑張らなくていいんだよ、といつも言ってくれる。

 摂食障害になったきっかけや、これまでの経緯を教えてください

春休み中、体重が3kgも増え食事制限と運動によるダイエットを決意。
また、夏休み中友人たちと海に行くことになり、水着を着ると決まったことからダイエットがエスカレート。
低炭水化物の食事、週3の部活、週2〜3のジョギング、筋トレ、毎日1時間の半身浴。
食事内容はキャベツや豆腐や納豆のみになり、夜は食べない日もありました。
日に日に減る体重を見るのが嬉しく、また鏡で見る自分が細くなっていくのが快感でした。
友人たちにも「バランスよく痩せたね」「足きれい」「細いね」と言われ、目標体重に達してもカロリー制限に執着していました。
体脂肪率も20%以下になり、本当に満足していました。
身長が高く、肩幅の広い体格がコンプレックスだった私にとって、痩せた身体を手に入れ、今までよりサイズの小さい服やズボンを履けることが何よりも幸せでした。

しかし生理が止まり、保健室で相談。
基礎体温を計るように言われ、結果排卵がなくホルモンバランスが乱れており、婦人科を受診することに。

また、自分は看護学生で、摂食障害について講義で学んでいて、症状が当てはまることに気付き、事の重大さに気づきました。

 学校や職場での悩み、人間関係での悩みを教えてください

部活動でのプレッシャー。
成績トップのプレッシャー。

 摂食障害を克服するために、何かしていることや心がけていることはありますか?

みんなと食事をとるときは、好きなものを普通に楽しく食べるようにしています。
自然なように、お腹が空いたらごはんを食べ、少し食べすぎたなっと思ったら次の食事は控えめにしたり。
それが過剰なものにならないように意識しています。

また、今の目標は体重維持のためのカロリー制限ではなく、生理不順を治すというものに切り替え、日々の生活を送っています。

 今までの辛かったこと、今困っていること等、あなたの想いや体験談を書いてください。

自然に楽しく食事をとりたいです。
頭の片隅で、カロリーや脂質について考え、食事をとることへの罪悪感があることが、とても苦痛です。




このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.