みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2012年 > 10/08/やすしさん(39歳)/克服体験談

10/08/やすしさん(39歳)/克服体験談


名前 年齢 住所 性別
やすしさん 39歳 関東地方 男性
克服までにかかった期間 通院歴 飲んでいたお薬
10年〜14年
過去に経験した症状
過食症、過食嘔吐、下剤乱用、過度の運動、絶食
うつ状態、自傷行為、その他

 摂食障害になったきっかけや、治るまでの経緯を教えてください。

思春期の頃(中学)より醜形恐怖症に罹って以来、ずっと外見を気にしながら治療をしたこともありました。
しかし、看護学校(20歳)に通っていた時、友人や彼女から距離をとられてから、外見が悪いからだと自分で思い込むようになりました。
そして、食べ物で発散しようと思い過食してしまったのがきっかけです。

 辛い時に支えになってくれた人や、支えになった本、言葉などはありますか?

もともと内向的な性格で人に話せず、学生時代は登校拒否を繰り返していました。
今も友人などに自分の本心を話せる人や打ち明けられる人は誰もいません。
コミュニケーション能力が下手でうまく伝えられないのも悩みです。

 ご家族との関係はどうでしたか?悩みなどはありましたか?

過食症について家族に相談したことはありません。
ただし、思春期の頃は醜形恐怖症について自分の悩みを家族に訴えたこともありましたが、あまり聞いてもらえませんでした。

 克服するために取組んだこと、心がけたこと、頑張ったことがあれば教えてください

過食症であったころ(20〜26歳)は体重が少ない時で47Kg(身長160p)でした。
あるとき洋画のビデオ(題名不明)を見ていた時、背が小さくて太っていた俳優がとてもかっこよく見えたのが印象的でした。
それがきっかけで過食も減り落ち着いたことがありました。
しかし、30代前半ごろ、お酒を覚えたことをきっかけに飲みすぎや食べ過ぎることが多くなり、体重調整のために再び過食嘔吐をするようになりました。
そして、37歳ごろ正看護師になるため通信制の看護学校に通うことになり、学習力向上のためにはより栄養状態も良好であった方がよいと自覚したのです。
それからは過食嘔吐を一切やめて現在は看護師として頑張っています。

 摂食障害を克服するために大切なことって、何だと思いますか?

私は自分の性格の問題もあり、悩みをだれにも相談できませんでした。
克服するためにはきっかけがどこかにあると思いますがそれがいつ訪れるかは分かりません。

 苦しんでいたころの自分に、今メッセージが届けられるとしたら、何と伝えたいですか?

それがその時の自分の最善の策だったと思います。
発散方法のひとつと考えていますが、今はそれよりもっとよい方法が見つかったということです。

 これからの目標や、今頑張っていること、楽しいと感じることを教えてください。

現在は結婚して子どもは小学4年生になりました。
家族の幸せのため、なにが自分にできるか新たな目標に向かって頑張っています。
ただし、醜形恐怖症は今もなお悩まされることがあり、克服できることを願っています。
まずは誰かに打ち明けたいと思っています。

 摂食障害が治ってみて気付いたことって、何かありますか?

身体的、精神的にも確実に健康であることを自覚いたしました。
仕事をしていても疲れにくく、メンタル面でもポジティブに考えることができ思考力も上がっていると感じました。



このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.