みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2012年 > 10/31/ちひろさん(29歳)/克服体験談

10/31/ちひろさん(29歳)/克服体験談


名前 年齢 住所 性別
ちひろさん 29歳 近畿地方 女性
克服までにかかった期間 通院歴 飲んでいたお薬
7年
過去に経験した症状
過食嘔吐

 摂食障害になったきっかけや、治るまでの経緯を教えてください。

実は、発症も治癒もこれといったきっかけはいまだにわかりません。
覚えているのは、大学受験で少し痩せた体重を必死で維持するために食事制限をしていたのが、19歳の誕生日あたりに我慢できなくなって、お菓子(PUCCAでした)を1箱間食してしまい、そこから食べたいものを我慢できなくなったことです。

ある夜、(誕生日から2,3カ月たっていました)食べすぎで気持ち悪くなり、食べた物を嘔吐してしまいました。
浅はかなもので、食べすぎたら吐けばいいと早合点してしまい、そこから食べたら吐かずにいられなくなってしまいました。
これが19歳の春、大学2年生の時です。

私は、この時から一人暮らしをして、今も一人暮らしです。
家族の目を気にしなくてよくなったこと、さすがに2、3か月の過食で増えた体重を減らすために、食べては吐き、を繰り返すようになりました。
数か月、大学2年生の夏には元の体重に戻せました。
でも、過食とおう吐はやめられなかった。

お金もない、というかこんなことに使うならお化粧品や、お洋服を買いたい。
でも過食嘔吐がやめられない・・・それでも、隠れてこんなことをしているなんて、誰にも知られたくない。
そして、普通に大学生活を送っていると周りの皆には思っていてほしい。

一番つらかったのは、大学生活だったと思います。
楽しい大学生活でした。
友達も、恋人もいました。
部活も勉学も頑張り、きちんと資格もとって(私は看護師です)晴れて卒業しました。
どの写真を見ても満面の笑みです。

それでも、私は毎日葛藤していました。
勉学の合間を縫って、彼氏の非難の目をなんとかごまかして得たバイト代。
普通のバイトでは、過食費用は賄えず、水商売をしていました。
必死に働いて得たお金を、どうしてこんなことに使わなくてはいけないの??

彼氏にはばれてしまいましたが、周りの友達にはこんなバイトをしているとはとても言い出せず。
飲み会や食事のお誘いをなんとか断るのも、一番大好きな彼氏に嫌な思いをさせるのも、本当につらかった。

実家の親にももちろん言えません。
すごく良い子ではなかったのは認めますが。
仕送りも裕福ではない生活からもらっていたのに。
学費のかかる大学にも行かせてもらっているのに。
そしてそれを喜んでいてくれる両親だったのに。

どうして私はこんなことにお金を費やしてしまうの??

誰にも言えない、誰にも知られたくない。

嘘を重ねる毎日とその労力に押しつぶされそうな毎日でした。
それでも、あのとき誰かに相談しなくてよかった、とも思います。
誰かに甘えてしまったら、もう学業は続けてられなかっただろうから。
「そんなにしんどいなら、帰ってきなさい」きっと両親は言ったと思います。
休学してもよい、とも言ってくれたかもしれません。

でも、私は甘えたくなかった。
つらくてもつらくても。
周りの期待を裏切る自分にはなりたくなかった。

19歳に発症して、大学を卒業し、就職してからももちろん治らなかったのですが。
一つ、気がかりが減りました。
過食嘔吐のお金は胸を張って言える仕事で稼いだものでしたから。
最初のころは、実は赤字になる月もあったのですが。
それでも、我慢して必死でやりくりしていたお洋服やお化粧品がなんとか買えるようになったし。
貯金も賞与の時期に少しづつはできるようになって、心の負担は減っていました。

それでも夜勤中に過食嘔吐して疲れてミスして怒られて、また帰って過食嘔吐して、の毎日は何年かは続いたのですが。

29歳の今は、ほとんど過食嘔吐しないでいます。
時々気晴らしにふっとしてみることもあるのですが、頻度としては月に1.2回。
しかも途中でめんどくさくなってやめる。

いつから、こうなったのかわかりません。
そして、過食嘔吐をやめたにも関わらず、体重は一番維持したかった時期と変わらないし、むくみが取れてあら顔周りもすっきり★

一つ、考えられるのは。
私は今糖尿病の患者さまの指導をおもに専門にしています。(他の業務とも兼任していますが)
最初は気乗りしなかったのですが。

少しでも合併症のリスクを減らすために、食事を制限しなければいけない患者さま。
やらなきゃいけない、でも・・・なかなか、できないんですよね。
食事制限に失敗して、入院して、ちょっと治って、でもまた失敗して。

どうしてできないの!!って思う時期もあったのですが、今は。
難しいことなんです。失敗してしまったかもしれないけれど、こんなことは頑張ったんだ。ここは気をつけてくれていたんだ!!
と患者さまの努力を認めているうちに、お仕事楽しくなってきました。
意味は違うけど、食事に囚われている、囚われざるを得ない人の努力を認める間に、もしかしたら。
こんな病気になってしまった自分を認めることができるようになったのではないかなって。

これが、治癒のきっかけの一つになったような気がします。

 辛い時に支えになってくれた人や、支えになった本、言葉などはありますか?

今は存続されているのかわかりませんが。
過食嘔吐の方の運営されている「DUNE]というサイトに何度か書き込みをさせていただいていました。
就職当初のころは、休みの日は一日中過食嘔吐してしまう私の書き込みをずいぶん親身になって聞いて下さって。

もう足を運ばなくなって何年にもなりますが、どうされているのか心配です。

 ご家族との関係はどうでしたか?悩みなどはありましたか?

前述の通り、両親には告げていませんが。
母には怪しまれていました。
時々無心もしていましたし・・・理由は適当にでっち上げていましたが。

正直なところ、両親に感謝はしています。
が、振りかえってみて、納得のいかない夫婦だったと思います。
特に母親が。

母娘なんてそんなもんかな、とは思うのですが。
どうにも似たところもあるのですが、違う部分をどうしても許せない。

だから、あえて摂食障害であることを告白しなかったんだと思います。
絶対に、わかってくれるはずはないだろうと心の片隅で思っていたのだと思います。
そしてそれは正解だったと今でも思います。

 克服するために取組んだこと、心がけたこと、頑張ったことがあれば教えてください

特にないです。何の参考にもならずにすみません。

ただ、余談ですが、前述の仕事以外に、ちょうど治癒との転換期にあたる25歳ころに、さるアイドルグループにはまって、今も夢中なのですが。
なんというか心に余裕ができて余計に過食嘔吐に目が向かなくなったのは事実です。
タイミングの問題だとも思うのですが・・・

ちょっと余裕ができたころにさらに余裕をもたらす存在に出会ったのもきっかけかもしれません。

ちなみにこのグループ、一度は分裂危機を経てまた復帰されたのですが。
この流れで行くと、再度過食嘔吐がひどくなりそうなものですが、まったく復帰のめどの立たない時期も過食嘔吐癖はもどりませんでしたよ。(笑)
この時期の救いはなんと、妄想小説でした(笑)

なので、あえて治癒の直接のきっかけとは申さずにおきますね。
ま、転換期に上手いこと出てきてくれたことにも感謝はしておきますが。
今も頑張ってくれてありがとう★ 

 摂食障害を克服するために大切なことって、何だと思いますか?

過食や嘔吐を繰り返す自分を認めてあげることだと思います。
真面目な努力家が多いと思います、自分も含めて。
でも、認める努力はしなくてもいいんです。
それはそういえば、認められるようになるものなので。

そう思えるようになるためには、今いる場所から病気を理由に逃げてしまわないこと、だと思います。とても、とても苦しいことかもしれないけれど

 苦しんでいたころの自分に、今メッセージが届けられるとしたら、何と伝えたいですか?

大丈夫。
あなたは、きちんと実習もこなして、別れたけれど生涯忘れ得ぬ大切な人もできて、資格もとって、就職先では患者さまから感謝される看護師になれるから。
周りに苦笑されながらだけど、日々の暮らしに彩りをくれるアイドルもいて。
大好きなm漫画も小説も・・・自分で稼いだお金で楽しめる毎日が来るからね。

だから、今自分がいる場所から逃げないで。
逃げる理由は「摂食障害」であっても、世間も家族もきっとあなただけを責めることはなかったとは思う。
だけどあなたは逃げなかった。
摂食障害を、自分がなんだか上手くいかない理由の全てにしなかった。

逃げる選択もできる。
だけど逃げない、そこにとどまることを選択し続けているあなたを。

今ここにいる私はとても誇りに思います。

 これからの目標や、今頑張っていること、楽しいと感じることを教えてください。

目標は恋愛★ですね。
これこそ過食嘔吐を理由に逃げていましたが、そもそも私は恋愛体質ではあまりないので・・・なくても今と結果は変わっていないと思います。
いい人いなければ仕方ないけどね。

あ、でも心のアイドルは永遠に君たち2人だからね★ できる範囲で応援しますよ!

あとはせっかく綺麗な体型維持できているので、無理ない範囲で保っておきます。

と。こんな生活を支えていくためにも。

仕事は頑張ります。
大変だし、いらっともするけど私は看護師になってよかった。
一生看護師でいたいです。

 摂食障害が治ってみて気付いたことって、何かありますか?

自分が思うほど、他人は完璧じゃない。

だから、そこにいらいらしても仕方ないし。
自分を卑下しなくてもいいんだと思う。

 2012年以外の投稿はこちら

2012年

 11/28/暁さん(13歳)
 11/24/なっちさん(25歳)
 11/24/ゆきぽん?さん(15歳)
 11/23/ジェイドさん(16歳)
 11/22/ももさん(31歳)
 11/17/ふうちゃんさん(40歳)
 11/16/mykさん(22歳)
 11/13/まゆさん(22歳)
 11/13/こうさん(23歳)
 11/04/まめさん(21歳)
 11/02/まりえさん(56歳)
 10/31/ちひろさん(29歳)
 10/30/mさん(27歳)
 10/24/7ninnさん(15歳)
 10/23/chapexさん(33歳)
 10/21/パンダさん(38歳)
 10/20/あさん(17歳)
 10/19/ちいさん(24歳)
 10/19/pinさん(19歳)
 10/18/kohakuさん(61歳)
 10/18/りんさん(27歳)
 10/17/まいまいさん(15歳) 
 10/14/nuckyさん(21歳)
 10/14/ゆちゃまさん(18歳)
 10/11/沙明菜さん(26歳)
 10/08/やすしさん(39歳)
 09/24/桜さん(37歳)
 09/12/あみさん(26歳)
 09/10/沙紀さん(22歳)
 09/09/キャサリンさん(44歳)
 09/07/かきさん(32歳)
 09/06/ナッツさん(32歳)
 09/06/どんさんさん(16歳)
 09/01/たえさん(25歳)
 08/29/nicoさん(20歳)
 08/27/さくらさん(16歳)
 08/25/ユウコさん(39歳)
 08/25/えりこさん(25歳)
 08/23/かなさん(36歳)
 08/19/まるさん(21歳)
 08/18/みりあさん(20歳)
 08/17/みいなさん(32歳)
 08/17/たくちゃん。さん(40歳)
 08/16/ちーなさん(18歳)
 08/14/fooさん(17歳)
 08/14/リエさん(28歳)
 07/29/うるうるさん(39歳)
 07/28/みのりさん(18歳)
 07/22/エネルさん(25歳)
 07/12/yyyさん(23歳)
 07/10/てるおさん(24歳)
 07/09/いづなさん(27歳)
 07/05/なつさん(20歳)
 07/04/エバさん(27歳)
 07/04/ericaさん(25歳)
 06/23/あすみんさん(17歳)
 06/07/MARIKOさん(38歳)
 06/04/えみさん(17歳)
 05/31/まなさん(23歳)
 05/27/ゆかりさん(20歳)
 05/25/みりあさん(19歳)
 05/06/のりさん(30歳)
 05/02/ライムさん(18歳)
 04/27/酢酸さん(20歳)
 04/18/mikonekoさん(43歳)
 04/04/のりさん(30歳)
 03/09/ララさん(25歳)
 03/04/めのさん(13歳)

 2012年以外の投稿はこちら




このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.