みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2013年 > 01/18/りんごさん(19歳)/過食・拒食症

01/18/りんごさん(19歳)/過食・拒食症


名前 年齢 摂食障害歴 性別
りんごさん 19歳 2年 女性
住所 職業 一緒に住んでいる人
関東 学生 一人暮らし
今の状態
過食症、拒食症、克服まで、あと一歩!
通院の有無 服用中のお薬
していない

 ご家族との関係について教えてください

家族は私が摂食障害ということは知りません。
少し、ダイエットをしているというように見せてきていて、実際そう思っていると思います。
一人暮らしということもあって、家族と会うことも少ないのも知らない理由です。
ですが、痩せていることに対しては少し心配を見せており、私にたくさん食べさせようとすることがあります。
そういう時に、すごくイライラしたりする一方、すまなく思います。
でも、家族との関係は良好で、もし私が摂食障害ということがわかれば、すごく心配したり、サポートしてくれると思います。
でも、多忙な両親に変に心配させたくないしということもあって、完全に克服するまでこのことを言うつもりはありません。

 摂食障害になったきっかけや、これまでの経緯を教えてください

最初は受験勉強で忙しく、夕食を抜き始めたのが原因です。
すると一気に痩せて、もともとぽっちゃり体系を気にしていたのでうれしかったです。
痩せてくると、痩せる前は見向きもしなかった男の人たちがかわいいと言ってくれるようになって調子に乗り始めました。
夕食を抜くのは当たり前になって、すると朝食をたくさん食べてしまい逆に後悔して昼食も少なくしてしまう・・・。
という状況が続きエスカレートしていきました。

大学に合格して一人暮らしを始めてからは、家族の目を気にせず食事を抜いたりできたのでさらにエスカレートして、毎回カロリー計算をして1000カロリーを切るように計算して、サラダしか食べなかったりしました。
他の人の食事も気になっていつも周りの人の食べ物を観察していたり、カロリー0のものばかりを買ったり、頭の中ではほとんど食べ物のことしか考えていませんでした。

そんな私の転機となったのが、私の友達も同じく摂食障害となっていることに気が付いたことです。
もともとすごく痩せていた子だったのに、夏休み開けて会うと、エイリアンみたいにがりがりに痩せていて、気持ち悪いほどになっていました。
話を聞くと、私と同じような考え方をして、食べ物に対して怖いほどこだわりをもっていました。
その子は重度の摂食障害になっており、その後すぐに入院してしまいました。
その子の姿を見て、客観的に自分を見れたからでしょうか、絶対に治そうという気持ちが起きました。

それから少しずつ食べるようにして、太るということを考えないようにして、食べ物じゃなくほかの趣味とかで紛らわせながら頑張っています。
まだ、完治しておらず時々過食したり、拒食したり、そのせいで落ち込んだりしていますが、徐々に治ってきている気がします。

 学校や職場での悩み、人間関係での悩みを教えてください

私は兄弟の中で一番成績がよくけっこいういい大学に入ることができました。
そのせいもあるのか親戚の間では期待があり、大学で思いっきり遊んでしまうと申し訳ないという気持ちがあります。
そのせいで生活も切り詰めえしまったり、変にのんびりしていると不安になったり・・・とそういう面でつらい時もあります。

また、同じ学部の友達は派手な子が多いのですが私はもともとそんなに派手なほうではなく、少し気持ちの擦れ違いを感じています。

 摂食障害を克服するために、何かしていることや心がけていることはありますか?

今、彼氏がいるのですが、その彼氏が私の少し異常な食生活に気づき心配してくれています。
摂食障害ということをはっきりといったことはありませんが疑ってはいると思います。
私は生理が止まっており、今のままでは子供が産めません。
この彼氏と将来温かい家庭を築くために!という気持ちを持つと、自然と食べることに対しての嫌悪感が消えたりするので、食べるときはそう考えています。

また、食べれないものは食べれないんだとして炭水化物とか肉とかは無理して食べず野菜をたくさん食べるとか食べれるものからきちんと三食食べることを心がけています。
食べ過ぎた!太る!とか不安でイライラしたら、散歩に出て、気分転換をしています。
特に、過食をしそうなときはほかの人と一緒に食べたり、気を紛らわせたり、隣にコーヒーとか温かい飲み物を置いて一種類なにか食べたら飲んで深呼吸すると気持ちを落ち着かせたりしています。

 今までの辛かったこと、今困っていること等、あなたの想いや体験談を書いてください。

今までは、食べると太ってしまうということが頭を離れずずっと食べ物のことを考えていてほかのことに手が付かない状況だったので、そんな自分が嫌で嫌でつらかったです。
友達と外食に行って楽しく食べたいのに食べるのが嫌で友達と外食もいけないということもつらかったです。
今は、徐々に治ってきていますが、食べる時に一気に過食をしてしまい、鬱状態になったりするときがあってつらいです。
特に朝食べてすぐ昼ごはんを食べたくなり昼を食べると、すぐに夕食を食べてしまうという変な状況になって午前中に一日三食を済ませてしまう、というおかしい食生活になることがあります。
そういう時は本当にイライラしてどうしてこうなってしまうのだろうと考えてしまいます。
2013年

 12/31/Daisyさん
 12/29/まゆさん
 12/21/ほなまろさん
 12/16/タムさん
 12/11/紅花さん
 12/04/ちあきさん
 10/31/マチルダさん
 10/16/ゆずさん
 10/08/れいなさん
 09/11/いとしゃんさん
 08/23/もんさん
 08/21/めぐさん
 08/16/くるみさん
 08/03/りーこさん
 07/31/ちあきさん
 07/30/んんさん
 07/07/きなこさん
 06/23/maiさん
 05/09/ののさん
 05/07/れいさん
 05/06/さとみさん
 04/19/リリンさん
 04/17/よここさん
 03/31/ゆきさん
 03/28/kawaさん
 03/13/あいりさん
 03/09/シャルさん
 03/08/KANAさん
 03/04/nanacoさん
 02/18/なつさん
 02/11/Meriiさん
 02/10/ゆみさん
 02/08/流さん
 01/30/リズムさん
 01/25/hinata.さん
 01/18/りんごさん
 01/16/めいさん
 01/09/miuさん

 2013年以外の投稿はこちら





このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.