みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2013年 > 02/10/ゆみさん(19歳)/過食症

02/10/ゆみさん(19歳)/過食症


名前 年齢 摂食障害歴 性別
ゆみさん 19歳 5年 女性
住所 職業 一緒に住んでいる人
近畿 会社員
(事務系)
家族と一緒
(親や祖父母、兄弟など)
今の状態
過食症、過食嘔吐、絶食、うつ状態
通院の有無 服用中のお薬
していない

 ご家族との関係について教えてください

私は過食嘔吐が主ですが、母だけ知っています。
打ち明けたのは1年ぐらい前だと思います。
母以外に打ち明ける気は全くなく、むしろ絶対に知られたくありません。

家族との関係は良好ですが、正直自由にできない窮屈さ、劣等感を感じています。
母は私のことをすごく心配してくれて「治ったらいいね」と言ってくれますが、やはり摂食障害経験者しか分からない気持ちの壁というものがあるのか、理解されず、
「何でそんな事言うの?何でそんな態度をとるの?」とすごく怒りと寂しさが起こることが多々あります。

 摂食障害になったきっかけや、これまでの経緯を教えてください

食べるのが好きな友達がいて、中学生の時買い食いをするのが習慣になっていきました。
それまでは細身で食べ物への執着心も全くなく、普通だったのが、それをきっかけに食べる楽しみを覚え、食べる事自体がストレス発散になりました。
それから周りに体型を気にしたりダイエットをし始める子が増え、私も痩せなくてはと思い軽い気持ちで夜ご飯を吐くようになりました。
体重が少し減り、それから吐けば元通りになると勘違いし、それが余計に過食を招いたと思います。

 学校や職場での悩み、人間関係での悩みを教えてください

職場での人間関係は良好です。
大切な友達もたくさんいて、特に不自由なく幸せだと思います。
それなのになぜ過食嘔吐にはしってしまうのか…
ひどい時は周りとの関わりを全部断ち切りたくなるような気分になります。
ひとりの空間に閉じこもりたくなるような。

 摂食障害を克服するために、何かしていることや心がけていることはありますか?

もうだめな時はとりあえず食べてみよう!と開き直るようにしています。
あと、お腹が空いてから食べるのを意識し、食べ物の本当の美味しさを感じるようにしています。

 今までの辛かったこと、今困っていること等、あなたの想いや体験談を書いてください。

何かで褒められたり、私に良い印象を持ってくれていることに対して、
「本当の私はこんなのじゃない、そんな価値なんてないのに…」
と申し訳ない気持ちと、本当の姿を知ったらどう思うだろうかという恐怖を感じます。

あとはこの先大切な人ができた時、摂食障害がどう影響してくるかとても不安で、恐いです。

どうしてこんなにも体型に、食べ物に執着してしまうのか…分からず辛いです。痩せたい願望はあるのに太っているのが許せません。
許せないのに、細くならない。
努力できない。
その繰り返しです。
ずーっと頭には食べ物のこと、容姿のこと。
もう終わりにしたいです。
みんなみたいに普通に楽しく食事をしたい。
いま摂食障害で苦しんでいる方が安らかに食べ物と自分と向き合える時がくるのを本当に願っています。
2013年

 12/31/Daisyさん
 12/29/まゆさん
 12/21/ほなまろさん
 12/16/タムさん
 12/11/紅花さん
 12/04/ちあきさん
 10/31/マチルダさん
 10/16/ゆずさん
 10/08/れいなさん
 09/11/いとしゃんさん
 08/23/もんさん
 08/21/めぐさん
 08/16/くるみさん
 08/03/りーこさん
 07/31/ちあきさん
 07/30/んんさん
 07/07/きなこさん
 06/23/maiさん
 05/09/ののさん
 05/07/れいさん
 05/06/さとみさん
 04/19/リリンさん
 04/17/よここさん
 03/31/ゆきさん
 03/28/kawaさん
 03/13/あいりさん
 03/09/シャルさん
 03/08/KANAさん
 03/04/nanacoさん
 02/18/なつさん
 02/11/Meriiさん
 02/10/ゆみさん
 02/08/流さん
 01/30/リズムさん
 01/25/hinata.さん
 01/18/りんごさん
 01/16/めいさん
 01/09/miuさん

 2013年以外の投稿はこちら





このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.