みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2013年 > 07/07/きなこさん(21歳)/過食症

07/07/きなこさん(21歳)/過食症


名前 年齢 摂食障害歴 性別
きなこさん 21歳 3年 女性
住所 職業 一緒に住んでいる人
近畿 会社員
(事務系)
恋人と一緒
今の状態
過食嘔吐、克服まで、あと一歩
通院の有無 服用中のお薬
通院していたが
やめた
プチゾラム0.25錠

 ご家族との関係について教えてください

母親はせっかちで細かく厳しい性格で融通がきかず、合わないと感じる時もある。
おせっかい。
父親は私の意志を尊重し、見守ってくれる。

 摂食障害になったきっかけや、これまでの経緯を教えてください

家族と金銭面で揉めて、とても仲が悪くなったときに、家族のことを考えると食欲が無くなり吐き気がした。
そこから拒食になり、体重が10kgほど減り、学校で異性によく声をかけられるようになった。
やっぱり、痩せてるほうがみんな見てくれるんだ!と思い、もっと痩せたくなった。
そこから食べて吐くことを覚えて、どうせ吐くんならいっぱい食べたい!と思うようになり、過食嘔吐になった。

 学校や職場での悩み、人間関係での悩みを教えてください

過食嘔吐は一回食べだすと止まらず、吐き切るまで家から出られなくなってしまい、学校やバイトに行かなくなった。
昼夜逆転のひきこもり生活がスタートして、当時の彼は優しかったので、食糧にも困らず外に出るのは買い出しのみの生活になった。
鬱気味になった。

 摂食障害を克服するために、何かしていることや心がけていることはありますか?

普通に食べても、太らないということを強く意識している。
過食してしまったときは吐いてしまうが、普通食のときは消化できるようになった。

 今までの辛かったこと、今困っていること等、あなたの想いや体験談を書いてください。

一番ひどかった時は一日過食嘔吐で終わる日もあり、ソファの上で二、三日過ごす時もあった。

今は仕事にも行けて、過食嘔吐はゼロではないが、以前に比べるとセーブできるようになっている。
精神科に通ってカウンセリングをうけ、ゾロフトを処方してもらっていたが、気分は楽になったけど、その服薬している状況からいつ抜け出せるのか、不安だった。

その時に、友達の紹介でなんとなく付き合っていた彼が助けてくれた。
全てを受け入れてくれて、理解してくれた。
「薬飲んでるのは良いし、何も責めようとは思わないけど、薬のんでるから、って理由つけて、その病気に依存してるんじゃない?いつその薬は止められるの?」
と言われて、何も反論できなかった。

カウンセラーの先生は怒らないし、理解してくれるから話をきいてもらうこと、居心地が良いけど、一生面倒みてくれるの?

そう言われて、一緒に病院に行った。
彼が先生に色々ききまくると、先生が論破された形でカウンセリングが終了してしまった。

それ以来、カウンセリングは受けてないし、薬も飲んでない。
一か月ほど離脱症状に悩まされたが、今は薬無しでも日常生活送れるようになった。
たまーに、残っている睡眠導入剤を飲むくらい。

2013年

 12/31/Daisyさん
 12/29/まゆさん
 12/21/ほなまろさん
 12/16/タムさん
 12/11/紅花さん
 12/04/ちあきさん
 10/31/マチルダさん
 10/16/ゆずさん
 10/08/れいなさん
 09/11/いとしゃんさん
 08/23/もんさん
 08/21/めぐさん
 08/16/くるみさん
 08/03/りーこさん
 07/31/ちあきさん
 07/30/んんさん
 07/07/きなこさん
 06/23/maiさん
 05/09/ののさん
 05/07/れいさん
 05/06/さとみさん
 04/19/リリンさん
 04/17/よここさん
 03/31/ゆきさん
 03/28/kawaさん
 03/13/あいりさん
 03/09/シャルさん
 03/08/KANAさん
 03/04/nanacoさん
 02/18/なつさん
 02/11/Meriiさん
 02/10/ゆみさん
 02/08/流さん
 01/30/リズムさん
 01/25/hinata.さん
 01/18/りんごさん
 01/16/めいさん
 01/09/miuさん

 2013年以外の投稿はこちら





このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.