みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2013年 > 12/04/ちあきさん(26歳)/拒食、過食症

12/04/ちあきさん(26歳)/拒食、過食症


名前 年齢 摂食障害歴 性別
ちあきさん 26歳 4年 女性
住所 職業 一緒に住んでいる人
関東 会社員(事務系) 家族
今の状態
過食症、拒食症、過食嘔吐、チューイング
通院の有無 服用中のお薬

 ご家族との関係について教えてください

今は良好

 摂食障害になったきっかけや、これまでの経緯を教えてください

物心ついた時から、母親が重度の統合失調症で、身に覚えのない事で罵声を浴びせられたり、無視されたりし、家庭内に安らげる場所がなかった。
自分にとって母親は、最も気を遣う相手だった。
母親を憎しみ、いっそのこと早く死んでくれたら、とさえ思っていた。
産み育ててくれた母親にそんな気持ちを抱き、大切に出来ない自分が情けなく、私こそ早く死んだらいい。という気持ちを抱えていた。

20歳になり福島から上京し仕事を始めた。
それからは仕事のストレスを過食でまぎらわした。

吐くようになったきっかけは、22歳の時、好きになった人に遊ばれて捨てられてから。
「あと少し痩せた所を見てみたい」という言葉が頭から離れなくて、見返そうと決意した。

丁度その頃マクロビオティックが流行りだし、肉、乳製品、砂糖を極力取らず、1日一食まで食べる量を減らした。
いわゆる拒食の状態で、10kgほど体重を落としたが、ガリガリで健康的とは言えない体だった。

今度はある時を境に過食症となり、あっと言う間に10kg体重が戻る。

今現在、仕事を変え、それがまたストレスとなり、過食嘔吐が再発。
病院に行くか悩んでいる。

 学校や職場での悩み、人間関係での悩みを教えてください

基本的に、人に対して気を遣う。顔色を伺う。
頑張り過ぎて息切れする。
今は慣れない営業事務の仕事により、多大なストレスがかかっている。

 摂食障害を克服するために、何かしていることや心がけていることはありますか?

好きなものを食べること。
吐いた自分を責めないこと。

病院に行こうかと思っています。

 今までの辛かったこと、今困っていること等、あなたの想いや体験談を書いてください。

歯が虫歯がちになってきました…
食べ物のことを考えるのが辛い。
体や食べ物や命に申し訳ない。
楽しく食べてキレイでいたい。
普通の生活に戻りたい。

2013年

 12/31/Daisyさん
 12/29/まゆさん
 12/21/ほなまろさん
 12/16/タムさん
 12/11/紅花さん
 12/04/ちあきさん
 10/31/マチルダさん
 10/16/ゆずさん
 10/08/れいなさん
 09/11/いとしゃんさん
 08/23/もんさん
 08/21/めぐさん
 08/16/くるみさん
 08/03/りーこさん
 07/31/ちあきさん
 07/30/んんさん
 07/07/きなこさん
 06/23/maiさん
 05/09/ののさん
 05/07/れいさん
 05/06/さとみさん
 04/19/リリンさん
 04/17/よここさん
 03/31/ゆきさん
 03/28/kawaさん
 03/13/あいりさん
 03/09/シャルさん
 03/08/KANAさん
 03/04/nanacoさん
 02/18/なつさん
 02/11/Meriiさん
 02/10/ゆみさん
 02/08/流さん
 01/30/リズムさん
 01/25/hinata.さん
 01/18/りんごさん
 01/16/めいさん
 01/09/miuさん

 2013年以外の投稿はこちら





このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.