みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2013年 > 12/16/タムさん(32歳)/拒食、過食症

12/16/タムさん(32歳)/拒食、過食症


名前 年齢 摂食障害歴 性別
タムさん 32歳 4年 女性
住所 職業 一緒に住んでいる人
関東 会社員(事務系) 一人暮らし
今の状態
過食症、拒食症、下剤乱用、絶食、うつ状態
通院の有無 服用中のお薬
通院中 リフレックス

 ご家族との関係について教えてください

両親は2人とも有名国立大卒、父は医師、姉も医師。
子供の頃からエリートでいることを暗に要求され、摂食障害やうつ通院のことも両親には相談できません。

小さい頃で記憶にありませんが父も30代の頃うつを患い、ODで救急搬送されたことがあるそうです。
姉もうつで高校を中退、長年通院していましたが克服して医師になりました。
私までもが、ということを考えても、家族が私の抱えていることを知る時が来るとしたらそれは私が自殺した時だと思っています。

 摂食障害になったきっかけや、これまでの経緯を教えてください

2009年に転職し、同期入社の男性に少し好意を抱いてダイエットを始めたのがきっかけでした。
もともと思春期の頃から下半身の太さが気になっていて、広告を出していたエステに契約してしまったのです。
脚痩せをうたっていたそのエステでは毎回体重をはかられ、前回より減っていないと追及され、半身浴などで汗をかいても体重を戻さないために水を飲むな、など…それはひどいものでした。
でも当時の私は痩せたい一心で、ついには食事をほとんどとらず、下剤を飲んでまで体重を減らすことを始めてしまいました。
休日には45度もの熱いお湯に何度も入り、減量苦のボクサーのように無理矢理汗を出して体重を減らそうとしました。

半年もたたないうちに体重は小学生の頃の数値まで減り、目標だった細いパンツが入るようになった私はちょっとご褒美にと一人で食べ歩きに出かけました。
それが過食への入り口になってしまいました。

ある日、急に下肢がパンパンにむくみ上がり、体重も急激に増加しました。
慌てて病院に行くと栄養不足の低タンパク血症による浮腫と診断され、そこで一旦目が覚めた私はようやくエステに解約を申し出ました。
でも、クーリングオフ期間はとうに過ぎていると言われ、多額のローンだけ残して泣き寝入り。
ローンは2013年12月にようやく払い終えました。
エステを解約するともう体重を気にしなくて良いのだという安堵感とこれまでの反動で過食が止まらなくなってしまい、一ヶ月で7kg、二ヶ月で10kg…とどんどんリバウンドしていきました。
その時は会社帰りにコンビニ弁当、パン、お菓子、とにかく両手にいっぱいの食べ物を買っては、お腹が痛くて動けなくなるほど詰め込んでいました。
その頃年末に実家に戻ると、母に「あなた、それリバウンドなの?」と言われましたが、悟られまいと必死にごまかしました。
涙が出そうでした。

それからしばらくして過食も落ち着き、ある期間普通の食生活に戻ると体重も落ち着いてきたのですが、一度摂食障害を患ってしまうとなかなか元には戻れないものですね…この4年間何度も拒食と過食を繰り返してしまっています。
異動先の上司ともそりが合わずうつ状態が悪化し、2013年春にようやく心療内科を受診しました。
その後夏までにストレスと拒食で10kg痩せ、また反動で元に戻り、10月からは休職しています。
休職中も過食しては落ち込み絶食し、また反動で過食を繰り返してしまっています。
良くない方法だったとはいえ、一度でも着たい服が自由に着られる体型になった快感を忘れられずにいるんです。
痩せた当時の自分の写真を見ると、ガリガリで病的だと思います。
それでも痩せたい願望を捨て去ることができません。
むくみでお医者にかかった時に処方された利尿剤の効果に魅せられてしまい、今は個人輸入で利尿剤や油分/糖分カットのサプリ、甲状腺系のサプリまで買ってしまっている始末です。
仕事もうまくいっていないし、年齢的にも経歴的にも転職はもう難しいし、将来には全く希望を持てません。
摂食障害で体調を崩して早くに死んでしまっても構わないとまで思ってしまいます。

 学校や職場での悩み、人間関係での悩みを教えてください

摂食障害とは別に、うつのそもそもの原因は職場にあります。
職場では入社以来同じ部署で頑張ってきました。
自分なりに業務のスキルを磨き、関係各所との信頼関係も築いてきたつもりです。
それでも結局昇進して行くのはゴマスリと他人の悪口とお酌の上手いイエスマンばかりで、上司も評価について何も本当のことを言わず(評価面談ではいいことしか言われません)もう誰も信頼できず疲れてしまいました。
上司を信頼できなくなったのは、別部署から管理職として来たばかりの上司に意見をした時に「年上の言うことは聞け」と一蹴され、この人には何を言っても無駄だと思ったことです。
心療内科にかかる少し前、出張先で支店の方と食事をした時、お酒が入っていたこともあって、上司がいる前でしたがそのことを話し、泣いてしまいました。
上司はその場では知らん顔をして、いざ休職となった時に私を呼び出し、そのことを持ち出してきました。
もうこの人の下では働けないと思いますが、なかなか異動の希望が通りません。
このまま休職期間が満了して元の部署に戻ったら、もう自衛手段が何もなく自殺してしまうのではないかとすら思います。

 摂食障害を克服するために、何かしていることや心がけていることはありますか?

今は何もアクティブなことをする気力がなく、気分に任せています。
元気だった時はウォーキングをしたりもできましたが…

 今までの辛かったこと、今困っていること等、あなたの想いや体験談を書いてください。

家族をはじめ、相談できる人がほとんどいないのが一番良くないことかもしれません。
自分一人で抱え込むタイプだと色々な人から言われます。
でも、周囲の人を信頼できないんです。

2013年

 12/31/Daisyさん
 12/29/まゆさん
 12/21/ほなまろさん
 12/16/タムさん
 12/11/紅花さん
 12/04/ちあきさん
 10/31/マチルダさん
 10/16/ゆずさん
 10/08/れいなさん
 09/11/いとしゃんさん
 08/23/もんさん
 08/21/めぐさん
 08/16/くるみさん
 08/03/りーこさん
 07/31/ちあきさん
 07/30/んんさん
 07/07/きなこさん
 06/23/maiさん
 05/09/ののさん
 05/07/れいさん
 05/06/さとみさん
 04/19/リリンさん
 04/17/よここさん
 03/31/ゆきさん
 03/28/kawaさん
 03/13/あいりさん
 03/09/シャルさん
 03/08/KANAさん
 03/04/nanacoさん
 02/18/なつさん
 02/11/Meriiさん
 02/10/ゆみさん
 02/08/流さん
 01/30/リズムさん
 01/25/hinata.さん
 01/18/りんごさん
 01/16/めいさん
 01/09/miuさん

 2013年以外の投稿はこちら





このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.