みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2013年 > 03/13/あいりさん(30歳)/克服体験談

03/13/あいりさん(30歳)/克服体験談


名前 年齢 住所 性別
あいりさん 30歳 九州 女性
克服までにかかった期間 通院歴 飲んでいたお薬
15年以上 ジェイゾロフト
サインバルタ
過去に経験した症状
過食症、過度の運動、うつ状態、自傷行為

 摂食障害になったきっかけや、治るまでの経緯を教えてください。

中学で寮に入った頃、人に心配されたくて食べない日が続き、気が付いたら過食症になっていました。
どん底に落ちるような体験をしたことで、本気で治そうと決意し、色んな治療を試みる中で、自分なりの回復の仕方をみつけました。

 辛い時に支えになってくれた人や、支えになった本、言葉などはありますか?

ありのままを受け入れてくれた恋人と、私を理解するように努めてくれた両親と恋人が飼っているねこたちに癒やされ、支えられています。

 ご家族との関係はどうでしたか?悩みなどはありましたか?

両親は毒親で、とても孤独な幼少期を過ごしてきました。
とても厳しくて、ありのままでは許してくれない人たちでした。

 克服するために取組んだこと、心がけたこと、頑張ったことがあれば教えてください

認知の歪みを矯正していくことと、身体の飢餓状態を健康に戻すためにちゃんと食べるようにしました。

 摂食障害を克服するために大切なことって、何だと思いますか?

諦めないこと。
過食症でない本当の自分の姿を思い描くこと。
今したいことは今すること。
今も楽しむこと。

 苦しんでいたころの自分に、今メッセージが届けられるとしたら、何と伝えたいですか?

がんばりすぎだよ。
むりしないで。
がんばったり、良い子にしてるのが良いとは限らないから。
痩せたかったら、食べなさい。
それから、人に頼りなさい。
甘えていいんだよ。

 これからの目標や、今頑張っていること、楽しいと感じることを教えてください。

もっと自分を好きになること。
自分のきもちを大事にして、自分の感覚で生きることが目標。
お仕事を頑張りすぎないように気をつけること。
楽しみは、遊ぶこととお買い物とメイクと旅行。

 摂食障害が治ってみて気付いたことって、何かありますか?

摂食障害という病気をつきつけないと、ノーと言えないほど、人の評価を気にして生きてきたんだなって思います。
過食症やダイエットに依存することで、現実と向き合わないようにしてきたんだって。
これからは、目の前の問題を、ちょっとずつでも人に相談したりしながら地道に解決していくんだと思います。
何かに依存したっていいから、食べることだけにならないで、色んな楽しみや癒やしをみつけることが大事なんだと思います。
大切な時期を過食症として過ごしてきたことは、勿体なかったとおもいますが、無駄じゃなかったと思いたいですね。

2013年

 12/31/Daisyさん
 12/29/まゆさん
 12/21/ほなまろさん
 12/16/タムさん
 12/11/紅花さん
 12/04/ちあきさん
 10/31/マチルダさん
 10/16/ゆずさん
 10/08/れいなさん
 09/11/いとしゃんさん
 08/23/もんさん
 08/21/めぐさん
 08/16/くるみさん
 08/03/りーこさん
 07/31/ちあきさん
 07/30/んんさん
 07/07/きなこさん
 06/23/maiさん
 05/09/ののさん
 05/07/れいさん
 05/06/さとみさん
 04/19/リリンさん
 04/17/よここさん
 03/31/ゆきさん
 03/28/kawaさん
 03/13/あいりさん
 03/09/シャルさん
 03/08/KANAさん
 03/04/nanacoさん
 02/18/なつさん
 02/11/Meriiさん
 02/10/ゆみさん
 02/08/流さん
 01/30/リズムさん
 01/25/hinata.さん
 01/18/りんごさん
 01/16/めいさん
 01/09/miuさん

 2013年以外の投稿はこちら





このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.