みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2014年 > 05/12/りんさん(30歳)/過食嘔吐

05/12/りんさん(30歳)/過食嘔吐


名前 年齢 摂食障害歴 性別
りんさん 30歳 2年 女性
職業 暮らし方 通院歴
会社員 恋人と一緒 なし
今の状態
過食嘔吐

 家族との関係や、家族への想いを教えてください

家族と違う国で生活することを決め、日本へ来て8年間。
家族に大変申し訳ないことをしていると、母の入院、手術にも立ち会えず、すごく後悔し、今はどうすればみんなが幸せになれるかを考えてる日々。
一人子なので両親の老後をきちんと見てあげたいけど、日本で築いた生活を手放したくないことで大きなストレスを感じています。

彼は仕事が忙しく、私に関心はないようです。
仕事が忙しいからしかたがないと思っているけれど、もっと私と向き合ってほしいと毎日思っていて、付き合って長い年月を経て、結婚のこと、子供のこと、おかねのこともきちんとしていないから今の関係に戸惑いを感じている。

 摂食障害になったきっかけや、これまでの経緯を教えてください

入社2年目に今の部署に移り、大変やりがいのある仕事に就いたのですが、わからないことも多く、追いつかなければならない、一流にならないといけない、人生を無駄にしたくないと毎日仕事をし、いつの間にか夜家に帰ると2人前のお弁当を買いそして平らげ、トイレにこもって吐き出す日々が続いた。
よくなったり悪くなったり2年くらい続いた。

もうひとつのきっかけは会社の健康診断。
一度減った体重が一番デブな高校生に逆戻りしたことだと思います。
仕事の忙しさも加わり、食べて吐く頻度は週3から毎日になってしまう。

 学校や職場での悩み、人間関係での悩みを教えてください

かなり厳しい業界に居るため、回りは頭が良く、容量がよい方ばかりで、この方たちに対して、自分は日本語もおぼつかない、業界に入るのが遅い、頭の回転がそれほど良くないと、いろいろ劣等感を感じている。

 自分はどんな性格だと思いますか?

基本明るいけれど、我慢ができないわがままな人だと思います。
すぐお金使っちゃう、すぐ食べて吐く、疲れていても遊ぶお誘いが来たら断らず飲みに行ったり、仕事があるのに好きな本を朝方まで読む、好きなゲームが発売されたら2,3日ろくに食べず寝ずに遊ぶこともあった。

 安らぎや喜びを感じるとき、自分らしくいられるのは、どんなとき?

好きなカルチャーに触れた時です。
マンガ、小説、映画、ドラマ、ゲーム、そして自分の仕事が先方や、会社の上司に褒められ、仕事が上手く行った時は大変喜びます。
年をとることに連れ、新しいことの出会いも少なく、しがない毎日を過ごし、家族のことも気かかりで不安が多くなっています。

 症状克服のために、何かしていることや心がけていることはありますか?

あまりないけど、体力のある日は深夜まで仕事をして、彼が(大体深夜帰り)家に帰った頃に帰って、隠れて食べるタイミングをずらします。
仕事をしてると大体食べることを忘れるし、週末も大して過食したりしません。
一番の悪いタイミングは仕事が早く終わり一人で早く帰るときです。
どうしてもスーパーによってご飯を買ってしまいます。
克服かどうかは分かりませんが、トマトや、スイカ、季節の果物をたくさん食べること。
特にトマトは大量に食べたりしても罪悪感はないし、トマトが大好きだからご飯の代わりにトマトを過食したりします…克服のためではないのですね…

 今までの辛かったこと、今困っていること等、あなたの想いや体験談を書いてください。

子供の時から太り気味でダイエット、体型に関してもそこまで拘ってないし、おそらく仕事や、家族のことがストレスの根源なので、簡単に解決は出来ないから、過食と長く付き合っていく覚悟です。
一番つらいのは母と違う生活を長年していて、きちんと老後をみとれるかどうかです。
毎日夜寝る前に母のことが頭の中から離れられなくて、一緒に生活したいが、それぞれの生活があるし、簡単にはかないません。





このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.