みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2014年 > 08/13/秋桃さん(21歳)/過食・拒食症

08/13/秋桃さん(21歳)/過食・拒食症


名前 年齢 摂食障害歴 性別
秋桃さん 21歳 7年 女性
職業 暮らし方 通院(服薬)
学生 家族と一緒 無し
今の状態
過食、拒食、過度の運動、絶食

 家族との関係や、家族への想いを教えてください

父と弟との3人で暮らしています。
父は、私がこの病気で悩んでいることを全く知りません。
毎晩の食事とお弁当は私が用意し、食事の買い出しも私が毎回行っています。
食事のメニューは気に入らないものが出ると不機嫌になりますし、魚と肉を両方出すのが、父にとっては当たり前だそうで・・・。 
母とは、虐待された経験からあまり心を開くことは出来ません。
家族にはいつも気を使います。
正直、心が詰まりそうです。

 摂食障害になったきっかけや、これまでの経緯を教えてください

中学二年生の校内一斉で身体測定をした時の、体重を見て激しいショックを受けたところから始まりました。

炭水化物ばかり抜いて一日も口にしない日があり、ローカロリー食品や栄養補助食品ばかりを口にする日が続き、一口何か口にすることが怖く、いつも食事ののちに強烈な罪悪感に襲われました。

母からは、食事をしないことを責められたので食事をするようになりましたがそれまでの反動からか逆に食事量が増えて、母から「あんた、気をつけなさいよ!」と今度は食事したことを責められ、何を口にすればよいのかわからず・・・。

そのような日々が続きました。

 学校や職場での悩み、人間関係での悩みを教えてください

自分に自信が持てず、極端に引っ込み思案なので友人が出来ず、また食事をまともに食べられない時期は低血圧となり学校に行くことが体力的にきつくなり、そのようなことから勉強にもついてゆけず、余計に精神的にも辛くなりました。

 自分はどんな性格だと思いますか?

自信の持てない人間。

 安らぎや喜びを感じるとき、自分らしくいられるのは、どんなとき?

一人でいる時。

 症状克服のために、何かしていることや心がけていることはありますか?

自分を決して責めないこと。
お腹一杯になったら、自傷行為でもある過食は余計に自分をつらくするのでそれ以上お腹に入れるのはやめること。

 今までの辛かったこと、今困っていること等、あなたの想いや体験談を書いてください。

やっと食べることが怖くなったと思ったら、今度は過食に移行してしまいまた食事することが怖くなりました。

本当に、この症状がいつ改善するのか怖い。辛い。しんどい。
死ぬことも何度も考えたこともあります。
けれど、無理でした。
心が弱いからですね・・。

いっそのこと、実行に移すことができればいいのに。
それが出来なくて泣いたこともあります。




このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.