みんなの体験談
摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2015年 > 06/14/ボウさん(54歳)/過食症
06/14/ボウさん(54歳)/過食症

名前 年齢 摂食障害歴 性別
ボウさん 54歳 10年以上 女性
職業 暮らし方 通院(服薬)
会社員 恋人と 通院中(無し)
今の状態
過食嘔吐

 家族との関係や、家族への想いを教えてください

5年前に離婚しました。
今は、その後出会った相方と2人暮らしです。

娘がふたりいますが、離れて暮らしています。
6年前、摂食障害の施設に入るため、ひとりで家を出てその1年後に離婚してしましました。
娘たちには申し訳ないことをしたと思います。
今は、娘たちの幸せを祈るばかりです。
もと旦那にもその家族にもまた私の両親にも申し訳なかっと今は思います。
傷つけたたくさんの人たちのためにも、これからしっかりと生きていきたいと思います。

 摂食障害になったきっかけや、これまでの経緯を教えてください

30代後半、ダイエット後のドカ食い、そしていつの間にか吐くことを覚え、気が付いたら、食べて吐くことがやめられなくなっていました。
食べて吐くことで頭がいっぱいで、いつしか家族とも心が離れてしまいました。
10年前、ランニングをはじめフルマラソン、ウルトラマラソンを走るようになりましたが、それでも食べ吐きはおさまりませんでした。
同じ摂食障害の友人のすすめで、施設に入所しましたが、すぐにやめてしまい、そのまま一人暮らし、そして職場で出会った人と今は一緒に暮らしています。
仕事もしていますし、ランニングも楽しんでしますが、以前、食べ吐きは続いています。

 学校や職場での悩み、人間関係での悩みを教えてください

横浜に暮らし始めて6年になります。
その間、何度も職場をかえました。
仕事が続かないのが悩みです。
たぶん私自身にも要因があるのでしょう。
今の職場で、問題を抱えながらもやっていくことが、今の私の課題です。

 自分はどんな性格だと思いますか?

笑顔が素敵だとよくいわれます。
人当たりがよくて、明るく前向きです。
が、NOがなかなか言えなくて、自分の考えがよくわからないことがあります。

 安らぎや喜びを感じるとき、自分らしくいられるのは、どんなとき?

映画を観たり、走ったり、本を読んだり、知らない街を散策したりすることが好きです。
お料理することも好きです。
自分らしくいたいけれど、自分らしくってどういうことなんだろう・・・

 症状克服のために、何かしていることや心がけていることはありますか?

走ること、働くこと、疲れすぎないこと、楽しむこと。

 今までの辛かったこと、今困っていること等、あなたの想いや体験談を書いてください。

自分が欲張りだった頃、不満と不安でいっぱいでとても辛かったです。
今、困っているのは、食べ過ぎでしまうこと、そして太るのが怖いをいうおもいが失くせないこと。
毎日、体重の増減に一喜一憂してしまいます。
そこから解放されたいです。

54歳で、まだ食べ吐きしている。
いったいいつまで続けるのだろうと思います。
今は食べ吐きがストレス解消の手段として自分なりに受け入れてしまっているとことがあります。
でも、気が付いたら食べ吐きしていないな、ってなることを望んでいるのです。





このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.