みんなの体験談
摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2015年 > 06/26/あおさん(14歳)/過食症
06/26/あおさん(14歳)/過食症

名前 年齢 摂食障害歴 性別
あおさん 14歳 1年 女性
職業 暮らし方 通院(服薬)
学生 家族と 通院中
今の状態
過食嘔吐、自傷行為

 家族との関係や、家族への想いを教えてください

母も父も、吐いてることをやめろ、とか言わないでくれないのが救いです。
母には良く暴言を吐いてしまいます。ごめんなさい。
父とは以前はよく衝突していて、泣き叫んでいましたが、最近は少ないです。
作り笑いをよくして、辛いことに気づいてもらえないのが辛いです。

 摂食障害になったきっかけや、これまでの経緯を教えてください

小学6年生の3学期、体重が1カ月で3kg以上急に増えました。
今までと食生活は何ら変わりがないのに、成長期に入ったんだと思います。
元々痩せ体型だったのに、食べたら太るようになったのが耐えられず、食べたものを吐き始めました。

中学1年生の夏、普通食嘔吐が悪化し、摂食障害になる前から9kg減って、低体重になりました。
歩くのもフラフラで、一度外で、目の前が真っ白になり、吐き気と頭痛、めまいで、耳も聞こえづらくなり、もうだめかと思いました。
毎日食べては吐いてを繰り返し、疲れきって昼間から寝込むことも増え、入院して、行動制限療法をしました。
点滴を自己抜去するので、低体重でない今でも点滴時は拘束です。

退院後、また体重を4kg減らしました。
ですが、この後1回入院して、退院後、過食が始まり増えました。

今は中学2年生ですが、過食嘔吐と普通食嘔吐です。

 学校や職場での悩み、人間関係での悩みを教えてください

吐けないのが怖くて給食が食べられず、4時間目で早退しています。

小学生の頃いじめられてからずっと別室登校をしているので、友達と遊びたいから教室に行きたいのに、視線が怖くて行けません。

教師にはあまり理解してもらえません。

 自分はどんな性格だと思いますか?

完璧主義、負けず嫌い、頑固、生真面目

認知の歪みの10パターンが当てはまります。

 安らぎや喜びを感じるとき、自分らしくいられるのは、どんなとき?

絵を描くときや、音楽を聴くとき、どこかへ出かけたときです。
大切な人たちと笑いあっているときが幸せです。

 症状克服のために、何かしていることや心がけていることはありますか?

本を読んだりします。
病気については調べだして4年目なので、かなりの知識があります。
ですが、他人のことは分析できても、中々自分に知識を使用することは難しいです。

 今までの辛かったこと、今困っていること等、あなたの想いや体験談を書いてください。

他にも病気や心的外傷、辛いことなどはありますが、特定されるのが怖いので詳しくは書けません。

病気になる前までは、親に反抗しなかったのに、するようになったのが凄く辛いです。
ずっといい子でいるつもりだったのに、それができなくなって、どうしたらいいか解らない状態です。


ですが、絶対にこのまま摂食障害を続けるつもりはありません。
どこかで区切りをつけて、卒業したいと思っています。




このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.