みんなの体験談
摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 2015年 > 11/25/ももこさん(30歳)/拒食・過食症
11/25/ももこさん(30歳)/拒食・過食症

名前 年齢 摂食障害歴 性別
ももこさん 30歳 10年以上 女性
職業 暮らし方 通院(服薬)
パート
アルバイト
家族と 通院中(デプロメール、レンドルミン、
プルゼニド、マグミット)
今の状態
拒食、過食嘔吐、下剤乱用


 家族との関係や、家族への想いを教えてください

母親と二人暮らしなので、家にいるとどうしても母親が全てになってしまう。
だから思い通りにならないと思うと、苛々をぶちまけたり叫んだりしてしまう。
存在を感じるだけで不快になることもしばしば。
でもこれは全部母親への甘えから来ているものです。
彼との同居を考えています。


 摂食障害になったきっかけや、これまでの経緯を教えてください

二十歳ちょうどに発症
最初は拒食で七ヶ月後にむちゃ食い出現
発症10ヶ月後に一ヶ月入院
退院の10日後に低血糖発作と低リンで救急搬送され、一年近く入院
退院後自傷行為出現
同じ頃に過食嘔吐に移行
入退院を繰り返しながら26歳の頃に心身ともに落ち着いてきた
販売のバイトを始める、症状無し
29歳4ヵ月頃から嘔吐再発
その後過食嘔吐習慣化、現在は休日は毎日・飲み会の翌日は職場で嘔吐
食事は朝食にゼリーともやしとジュースを飲むのみ


 学校や職場での悩み、人間関係での悩みを教えてください

職場では2番手の立場なので、店長とスタッフの間を取り持たなくてはいけない
しかし店長のやり方に理解と納得ができず、方針もずれている
スタッフは一人自分の感情のままに行動してしまう子がいて、どうにもできずにいる


 自分はどんな性格だと思いますか?

てきとう、回りの意見を評価に繋げる、自分の意思がない、面倒臭がり


 安らぎや喜びを感じるとき、自分らしくいられるのは、どんなとき?

彼といるとき
彼には病気のことを伝えてあり、辛いときは症状の事も言う
でも引かないで受け止めてくれて、彼なりの解決案や意見をくれる
彼との食事だけは唯一楽しく食べられる


 症状克服のために、何かしていることや心がけていることはありますか?

『お腹の調子が悪い』
『めまいがする』
『食べ過ぎると具合が悪くなる』等、
悟られない程度の、でも事実を周りに伝える


 今までの辛かったこと、今困っていること等、あなたの想いや体験談を書いてください。

今困っていること
過食費用が追い付かない
常に胃痛とムカつきがある
ふらつきやめまいがする
動悸と全身の疲労感



2015年

 12/29/ジュナさん
 12/16/ゆーさん
 12/02/さちこさん
 11/25/ももこさん
 11/01/ケイト4さん
 11/01/ミサキさん
 10/26/2本の歯ブラシさん
 10/26/ハッピーさん
 10/15/スーミンさん
 10/11/さくらさん
 09/08/らんさん
 09/08/しおもちょさん
 08/28/ルリコさん
 08/28 /ニャンコさん
 08/13/ゆうこさん
 07/21/かえるさん
 06/28/かおりんさん
 06/26/あおさん
 06/14/ボウさん
 06/08/まりりさん
 06/03/みやびさん
 05/21/ケイト3さん
 04/24/アーサさん
 04/18/さちこさん
 04/05/ゆずさん
 04/03/こいこさん
 03/28/はるさん
 03/18/やぎこさん
 03/12/らららさん
 03/07/ポテトサラダさん
 02/25/りすさん
 02/09/バンビエッタさん
 02/05/ももせさん
 02/05/マリさん
 02/03/ことみさん
 02/01/みやびさん
 01/21/さくらさん
 01/20/snowさん
 01/19/重男さん
 01/12/ケイト2さん


 2015年以外の投稿はこちら





このページの上へ戻る
<<みんなの体験談トップページへ戻る
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.