みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 周囲の方の体験談 > 2012年 > 10/11/こぶしさん/母子

10/11/こぶしさん/母子


投稿者のお名前 こぶしさん(57歳・女性)
Q.摂食障害のご本人は、あなたにとってどういった立場の人ですか?
A.子ども
Q.あなたの分かる範囲で、摂食障害ご本人の方の症状を教えてください
A.過食症、拒食症、過食嘔吐、過度の運動
Q.ご本人は、摂食障害になってどれくらい経っていますか?
A.10年以上
Q.相手が摂食障害だと、どうやって知りましたか?
A.本人が相談・告白してくれた

 相手が摂食障害だと知った時、どのような気持ちでしたか?受け入れるまでの心の葛藤はありましたか?

体重がどんどん減っていき、それが拒食症であると医師から告げられ、摂食障害という言葉を初めて知った。
それがまた心の病気であり、家族環境が影響されているなど、次から次と出てくる症状、言動など一気に親自身も同時に落ちていきました。

  摂食障害の症状で、どうしても理解できない事や対応しきれない事はありますか?

今は症状と心の部分の成り立ちがようやく理解できるようになった。
最初の頃は食べたものを吐く、そうしなければ死ぬほど苦しいと言う娘が全く理解できませんでした。

 日々、どのような想いで接していますか?

家族会を立ち上げ、家族会仲間と互いの辛さを吐き出し、その繰り返しの中で、摂食の知識をきちんと学ぶ時間を作った。
親自身がカウンセリングを受ける。
やりたいことをやらせてあげる・・・失敗、出来るなどなど親子共に実践した。

 ご本人とのやりとりや言動で、悲しかったことや悔しかったことはありますか?

「自分の言い分など聞いてもらえなかった」(娘さんの発言)
・・・当たっているので悔しくなかった。
「このままの状態で空気をずっと吸っていたくない、ストップしたい」(娘さんの発言)
忘れられない言葉です。

 今不安なこと、悩んでいること、あなたの今の気持ちなどを具体的に自由に書いてください。

娘に対しての不安、悩みはほとんどなくなりました。
あるとすれば、娘をいつまでも摂食の娘と思って向き合っていてはいけないなぁと思う。
もう、普通の母で良しと思える。

 ご本人が摂食障害になったことは、あなたやご本人に対してどのような意味があると思いますか?

私の自己中心的な性格に気づけ、娘もNOを言える大切さを娘自身が気づいていった。
親の問題と子の問題を区別できる大切さを知る。
私自身の人生観までが大きく変化した。

 摂食障害であるご本人に対して、メッセージをお願いします。

ずっと言い続けてきてるよね。
あなたの思うような好きな生き方していってね。
いつも母は味方でいるから。
困ったときは手を広げて待ってる。
母はぶれないからね。

2015年
 12/14/雪子さん/母子
 10/17/かすみ草さん/母子
 09/02/すみまるさん/恋人
 06/15/ダックさん/姉妹
 06/08/はるさん/友人
 04/21/頭が固いママさん/母子
 01/31/のんだくれ母さん/母子
 01/28/田中さん/母子
 01/11/てっちゃんさん/友人

2014年
 10/27/飯島さん/父子
 10/10/慧さん/恋人
 03/18/あかりさん/母子
 02/28/なつかめさん/母子
 02/17/わがママさん/母子

2013年
 11/12/緑の熊さん/恋人
 07/22/ほっぺさん/友人
 04/27/ジンチョウゲさん/母子
 03/22/ひろさん/友人

2012年
 12/04/南極さん/友人
 10/19/誠さん/恋人
 10/11/こぶしさん/母子
 09/09/村田さん/友人





このページの上へ戻る
<<「周囲の方の体験談」トップページに戻る
<<摂食障害ご本人の体験談はこちら「みんなの体験談」
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.