みんなの体験談

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > みんなの体験談 > 周囲の方の体験談 > 2015年 > 09/02/すみまるさん(20代)/恋人

09/02/すみまるさん(20代)/恋人


投稿者のお名前 すみまるさん(20代・女性)
Q.摂食障害のご本人は、あなたにとってどういった立場の人ですか?
A.恋人
Q.あなたの分かる範囲で、摂食障害ご本人の方の症状を教えてください
A.過食嘔吐、うつ状態
Q.ご本人は、摂食障害になってどれくらい経っていますか?
A.9年
Q.相手が摂食障害だと、どうやって知りましたか?
A.言動から、摂食障害ではないかと気付いた(疑っている)


 相手が摂食障害だと知った時、どのような気持ちでしたか?受け入れるまでの心の葛藤はありましたか?

摂食障害程重い病にかかったことはありませんが、中学生の頃自傷をしたことがあります。
同じ土俵で考えるものでないのかもしれませんが、この経験から「辛い気持ち」の表現、に対して受け入れられない・意味が分からないといったことは特にありませんでした。
どれ程か計り知れないけれど、辛いんだなと思いました。


 摂食障害の症状で、どうしても理解できない事や対応しきれない事はありますか?

これは仕方のないことですが、金銭面がやはり苦しいです。
本人ももちろん理解していて、苦しんでいますので、いつかきっとなるようになるし、その時に回復していけばいいさ、で現状どうにか対応しています。

後、パニックを起こしてこちらに八つ当たりされた時にこちらの機嫌が悪かったり疲れていたりすると、乱暴に返してしまったりすることがあります。
これは、本人と喧嘩になり話し合った結果、自分の気が向いた時だけ優しく対応出来れば満足なのだろう、という身勝手な感情だったのでないかと言われ、実際にそうだと思います。
これに関しては一生付き合って、一緒に楽しく老後を過ごす根本の気持ちは変わらないので、その話し合い以降はやっていません。


 日々、どのような想いで接していますか?

常々、落ち込んだ時・焦っている時、本人にも言っていますが、楽しいことを考えて、楽しいことをいっぱいして何にも気にしないで、ゆっくり治していけばいいさ、と思っています。

心がけていることは、本人のペースに合わせた生活をすることでしょうか。
予定は出来るだけ決まったものを入れず直前になっても逃げられるように。
本人の思いついた、ああしたい・これがしたい、これをすれば楽かもしれない、に極力合わせるようにしています。
例えば、食事の後、食べ残しや皿などが残っていると過食衝動を引きずってしまうかもしれないから、吐いている間に食器を片づける、など。
勿論、人によってはこれが苦しい場合もあるので原則は本人の申し出に合わせます。

後、最近は食事後に足のつぼ押しと足全体のマッサージをしています。薬と過食嘔吐の影響でむくみがつらい・手足がしびれると言っている為です。
毎日気持ちがいいと言ってくれるので、悪いことではないかなと思っています。

後はゆっくり他愛もないことでも何でもしゃべる時間を設けることでしょうか。


 ご本人とのやりとりや言動で、悲しかったことや悔しかったことはありますか?

私自身実際に太っていて、一緒に出掛けると自分がやっぱり太っている気がして怖いと言われたことがあります。
(納得できないことではないし、太っているのも健康によくないので食事を控えめに、腹筋も入れてダイエット中です)


 今不安なこと、悩んでいること、あなたの今の気持ちなどを具体的に自由に書いてください。

消化分を本人が吸収できず下している、具合が悪くて動けない、が続くのでゆっくり、とはいえ身体的な不安が大きいです。
私自身、平日は仕事で出かけているので、私の見ていない所で対応できなかったが為に、心的というより体調的な問題で突発的に死んでしまったらどうしよう、など。
過食と嘔吐の繰り返しに疲れ切って眠っている時に、どうしようもなく涙が出る時もあります。


 ご本人が摂食障害になったことは、あなたやご本人に対してどのような意味があると思いますか?

本人が苦しい思いをしているのに何ですが、
生きている中で改めて成長する機会なのではないかと思います。
今まで溜め込んで、口に出せなかった苦しさを本人自身の中で、ご家族も一緒に消化して「生きること」を見つけていく、いい機会と言っては何なのですが。
反抗期の話をしたことがあるのですが、迎えたことがないと言っていたので。

私自身は、相当に子供で身勝手な甘えた考えの持ち主なので、苦しむことで現実的にも精神的にも一緒に成長できればと思っています。


 摂食障害であるご本人に対して、メッセージをお願いします。

今は苦しいことばかりで、息をしているだけでも辛いね。
でも、いつもいつも、死にたいの後には生きようと頑張ってくれてありがとう。

あなたがここにこうやって生きてるんだから、我儘言ったって、困らせたって、自分のやりたいことやっていいんだから。
今は苦しくて苦しくて、どうしようもないかもしれないけど、いつか必ず楽しくバカやって辛くなくなる日がくるのだから、苦しい今、焦らなくて大丈夫だからね。
楽しいこと考えて、少しずつ、生きていこうね。


2015年
 12/14/雪子さん/母子
 10/17/かすみ草さん/母子
 09/02/すみまるさん/恋人
 06/15/ダックさん/姉妹
 06/08/はるさん/友人
 04/21/頭が固いママさん/母子
 01/31/のんだくれ母さん/母子
 01/28/田中さん/母子
 01/11/てっちゃんさん/友人

2014年
 10/27/飯島さん/父子
 10/10/慧さん/恋人
 03/18/あかりさん/母子
 02/28/なつかめさん/母子
 02/17/わがママさん/母子

2013年
 11/12/緑の熊さん/恋人
 07/22/ほっぺさん/友人
 04/27/ジンチョウゲさん/母子
 03/22/ひろさん/友人

2012年
 12/04/南極さん/友人
 10/19/誠さん/恋人
 10/11/こぶしさん/母子
 09/09/村田さん/友人





このページの上へ戻る
<<「周囲の方の体験談」トップページに戻る
<<摂食障害ご本人の体験談はこちら「みんなの体験談」
<<「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.