ナチュラル・ハイジーン

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール
トップページ > オススメ情報 > 食と健康・3(ナチュラル・ハイジーン
オススメ情報
ナチュラル・ハイジーン

私が、幕内さんの本と同様に、非常に強い影響を受けた本を紹介します。
これは、摂食障害の人はもちろん、ダイエットしたい方、健康になりたい方、すべての方にぜひとも!読んでもらいたい本です。
『フィット・フォー・ライフ 健康長寿には「不滅の原則」があった!』
著:ハーヴィー・ダイアモンド、 マリリン・ダイアモンド
翻訳: 松田 麻美子
Amazonで探す/楽天ブックスで探す
  この本は「ナチュラル・ハイジーン」という考え方(生き方)を紹介している本で、1985年の刊行以来欧米で1200万部を突破し、40週連続でニューヨーク・タイムズ紙の第一位にランクされるという脅威の大記録を樹立しました。現在でも、出版史上に輝く「健康栄養学」のバイブルとして扱われています。

ナチュラル・ハイジーンとは、健康及び健康維持のための考え方であり、その方法です。食べ物こそが、遺伝や環境以上に人の命の長さと質に影響を及ぼすという考え方で、自然健康法とも呼ばれています。

”自然治癒力を正常にすること”をキーワードに、
● 生の果物・野菜を中心に、体の生理機能に合った正しいタイミングと正しい食べ合わせで食事する
● 牛乳・乳製品は避ける
● 薬など抗生物質や化学物質を身体に入れることは避ける
等を推奨しています。

この本を読めば、自分の体の持つパーフェクトで奇跡のような機能に気づき、自分の体を大切にしなくては!と思うようになると思います。
私も、この本を読んで、自分の体の細胞一つ一つにすごくすごく感謝するようになりました。
それに、今まで散々な食べ物を体内に入れ、嘔吐したり下剤乱用したり、いろいろな薬を飲んで体の自然な機能を邪魔し、苦しめるようなことをしてきたことを、すごく反省して「ごめんなさい…」という気持ちになりました。
自分の体を大切にしようとすること。
自分の体に感謝すること。
これは、摂食障害の人はもちろん、すべての人に必要なことだと思います。

また、ダイエットしたいと思っている人は、この本を読めば、「ダイエット」に関する考え方が変わるのではないでしょうか。
この本はダイエットについて、「私たち人間のあらゆる行動のなかで、最も効果がなく奇妙な行為」と言っています。
私自身、この本を読んで変わりました。
ダイエットをしなくなりました
痩せたいとかキレイになりたい気持ちは変わらないけれど、ダイエットするのをやめ、その代わり、ライフスタイル自体をトータルで見直し、改善しました。
正直、私はこの本に載っていることをすべて信じているわけではないし、半分も実行していないと思います。
それでも、以前より心も体もプラスに動いていることを実感しています。

他にも、牛乳信仰の否定や、食品の食べ合わせ、食べるタイミングなどなど、今までの常識を覆すような内容があり、読みながら非常に驚くことの連続です。
科学的根拠については、実証されているとかいないとか、いろいろな賛否両論あるようなのですが、それはよくあること。
ある本では、炭水化物は控えめに…と言っていたり、一方では炭水化物を多く取りましょう!と言っていたり。朝ごはんは食べたほうがいいとか抜いたほうがいいとか。そういうこと、多いですよね?
この本では、人間はもともと果食動物だったのだから、まずは果物を中心としたメニューをとりましょう。と言っています。
そして、体本来のリズムに合った、食事・食べ合わせを具体的に紹介しています。1日3食、4週間分に及ぶ理想のメニューを具体的に紹介していますので、生活に取り入れようとする人は、それをそのまま実行できます。

ちなみに、『フィット・フォー・ライフ 健康長寿には「不滅の原則」があった!』 と、『粗食のすすめ (新潮文庫)』幕内さんの考え方で共通しているのは、牛乳信仰・タンパク質信仰を否定しているところでしょうか。

この本を信じるのか、実行するのか、それは本人の判断ですが、この本はそんじょそこらの健康・ダイエット本とは一線を画すものがあります。
この本の内容を実行するかどうかは別として、自分の体のことや食と健康について、ダイエットについて、大きな意識の変化を与えてくれますので、それだけで大いに読む価値があります。

文章を読むのが苦手な人は、本を見て、「ぎょっ!分厚い!」と驚き、中を見て「ぎょっ!文章ばっかり!」と思うかもしれませんが、目次を見て自分に必要だと思うところだけでも、ぜひ!読んでみてください。 
『フィット・フォー・ライフ 健康長寿には「不滅の原則」があった!』
 →他の方の感想はこちら

Amazonで探す/楽天ブックスで探す

※注意※
この本は、幕内さんのような「大雑把でいいからこんな感じでやってみよう!」というような、すごく楽でおおまかな方向を示した本ではなく、
食べ合わせや食べるタイミングなどが、非常に具体的に細かに指定してあります。
そういった点で、完璧主義的傾向のある摂食障害の方が読むと、「こうでなくてはいけない!これは食べてはいけない!」という風に、強迫的になってしまう可能性も、なきにしもあらず…です。
すべてを実行する目的で読むのではなく、
意識を変えるため。新しい考え方を知るため。
に読むようにしましょう。
『フィット・フォー・ライフ 健康長寿には「不滅の原則」があった!』
他の方の感想はこちら

このページの一番上へ
■現在地トップページ > オススメ情報 > 食と健康・3(ナチュラル・ハイジーン)

「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る
オススメの本

 ダイエット依存症
 摂食障害・1(入門書)
 摂食障害・2(オススメ)
 摂食障害・3(実践編)
 食とメンタルヘルス
 食と健康・1(食卓の向こう側)
 食と健康・2(粗食のすすめ)
 食と健康・3(ナチュラル・ハイジーン)
 食と健康・4(その他オススメ)
 悩みを克服する力になる本
 心を軽くしてくれる本
 やる気が出る本
 心理学についての本
 栄養や食材についての本
 大好きなお料理本

オススメのDVD

 食を考えるDVD

番外編

私流。言葉ノートの作り方
私流。読書の楽しみ方

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.