摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール
トップページ > オススメ情報 > 食と健康・4(その他オススメ
オススメ情報
食と健康・4(その他オススメ)
『奇跡のごはん』
著:宮成 なみ
Amazonで探す/楽天ブックスで探す
 この本は、私に「食事が体にいかに大きな影響を与えているのか」を実感させ、「食事の可能性と素晴らしさ」を教えてくれた本です。

私がこの本の著者、宮成なみさんのことを知ったのは、西日本新聞の「食卓の向こう側」という連載がきっかけでした。
この連載は、私達を取り巻く食の現実を見直し、食とくらしのあり方について考える連載でした。この連載の中で、福岡在住の宮成さんの経験も紹介されていたのです。

宮成さんは、現代の医学では治すことのできない難病、結節性動脈周囲炎という病を持って生まれました。16歳で発病し腎不全になってしまわれ、お医者さんから社会復帰は無理だといわれてしまいました。
辛い闘病生活の末、
「病気を治す方法はない。でも唯一進行を遅らせる方法は食事療法」
というお医者さんの言葉で、お母様とともに7年半の食事療法を実施しなんと、奇跡の社会復帰を果たされました。
今では、夢であった料理研究家として活躍されています。

私は、宮成さんの体験を知り、食は私の命の源なんだということを実感しました。
しかし、摂食障害の私は、体に悪いものを悪い方法でしか入れてあげていませんでした。
工場製品(コンビニ弁当・菓子パン・アイス)ばかりを胃が破裂する寸前まで過食し、時には自分で嘔吐し、下剤を乱用し、絶食し、変なサプリメントに手を出して体調を崩し…。
心も体もぼろぼろでした。いつも疲れていて、ニキビだらけで、何をしても楽しくない、いつも死にたかったし、自分の存在自体が惨めでした。

宮成さんは、愛情ある食によって体に奇跡を起こし、良い方向に変わりました。
一方の私は、食によっていろいろなことが悪い方向に動いていたんだと思います。摂食障害や抑うつ症状で、その病気自体のせいで苦しんでいただけではなくて、摂食障害が引き起こす異常な食のせいで、より一層私の心も体も悪い方向に変わっていっていたんだと思います。
食と心の悪循環でした。
それに気づかせてくれました。

当時、私にとって食は常に敵でした。
食べることは汚らわしいことのように感じていたし、食べ物は私を苦しめるもの以外の何者でもないという考えにとらわれていました。
しかし、この本を読むと、食べるということは素晴らしい可能性を持っていて、自分の食べ方次第で味方にできるんだということを知りました。

宮成さんが、自分の体験談をつづっているのが、『奇跡のごはん』です。
単なる難病体験記ではなく、食の素晴らしさと可能性、そして夢に向かって動くことの大切さを教えてくれる本です。
宮成さんの存在は、今でも私の心を支えてくれています。
難しい本ではなく、ところどころに簡単にできるレシピもついていたりするので、すらすら読めると思います。ぜひとも読んでみてください。
『奇跡のごはん』 →他の方の感想はこちら

『9割の病気は自分で治せる (中経の文庫)』
著:岡本 裕
Amazonで探す/楽天ブックスで探す
 この本は、食事と健康の関係を主なテーマとした本ではありませんが、現在お薬を飲んでいる人、通院している人に、とても為になることが書いてある本なので、オススメします。

風邪や、高血圧、糖尿病、頭痛、不眠症などの慢性疾患は、本来、自己治癒力で治るものなのに、簡単に病院や薬に頼り、言われるがままにお薬を飲み続ける人が多くいます。薬を飲み続けると、知らず知らずのうちに体が蝕まれ、病院の経営を助ける「おいしい患者」になってしまいます。
そうならないために、生活習慣を改めるなどの根本的な治療がいかに体に必要なのか、現代医療の驚くべき実情とともに、わかりやすく解説している本です。

これを読むと、現在通院している人や、服薬している人は、なんだか怖くなったり、病院への不信感を持ってしまったりするかもしれません。
私自身、そうでした。
しかし、本当に必要なお薬とそうでないお薬があるということ、医療現場の実情はこうであるということを知ることは、非常に大切なことだと思います。
医療の現場を知り尽くした専門家が書いた本なので、信憑性も高いです。
ですから、摂食障害などの治療で服薬している方は、「この薬は副作用もあるかもしれないが、今の自分にとっては必要なお薬なんだ。」と認めたうえで、いったん自分とは切り離して本の内容を読み進めることをオススメします。
『9割の病気は自分で治せる (中経の文庫)』他の方の感想はこちら

このページの一番上へ
■現在地トップページ > オススメ情報 > 食と健康・4(その他オススメ)

「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る
オススメの本

 ダイエット依存症
 摂食障害・1(入門書)
 摂食障害・2(オススメ)
 摂食障害・3(実践編)
 食とメンタルヘルス
 食と健康・1(食卓の向こう側)
 食と健康・2(粗食のすすめ)
 食と健康・3(ナチュラル・ハイジーン)
 食と健康・4(その他オススメ)
 悩みを克服する力になる本
 心を軽くしてくれる本
 やる気が出る本
 心理学についての本
 栄養や食材についての本
 大好きなお料理本

オススメのDVD

 食を考えるDVD

番外編

私流。言葉ノートの作り方
私流。読書の楽しみ方

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.