卒業に向けて@(単位を取らなきゃ!)

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 私の体験談 > 大学生のとき > 卒業に向けて@(単位を取らなきゃ!)

卒業に向けて@(単位を取らなきゃ!)




私の大学生活では、大学にいけなかった日の方が多くて、正直なところ大学の頃に学んだことなんて、ほとんど覚えていません。

1年生の頃は入院している時期が多かったので、ほとんど単位が取れませんでした。
必修科目だけは取らなくてはいけないと思い、先生に頼み込んで私だけレポートを増やしてもらって、それで単位をもらったりしました。
私の大学は留年がなかったので、順調に進級できました。
でも、みんなより圧倒的に単位を取るペースが遅くて、大学4年になって、みんなが週に1、2日しか授業が無いような状態になっても、私はいくつも授業を受けていて、週に6日とか大学に行っていました。
どうしても4年で卒業したい事情があったので、とにかく頑張りました。
そして先生の協力もあって、4年で必要単位を全て取得することができました。

ただ、私は大学で本当に何を学んだのだろうというくらい、何も頭の中に残っていません。
私は法学部でした。
そのなかでも政治のことに興味があって、さまざまな政策について学びたくて政策関係が学べる学科に入っていました。
本当に、勉強したいという意欲だけはすごくあったのに、結局単位を4年間でとることだけに追われて、大学生として十分な勉強ができなかったことがすごく悔やまれます。
もう一回友達と大学へ行きたい。
もう一度大学の図書館で勉強したい。
先生に質問したい。
今、すごくそう思います。

前のページ
アルバイトに打ち込む
次のページ
卒業に向けてA(就職活動)

□ 体験談のトップページ(メニュー一覧)へ戻る
□ 「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.