卒業に向けてA(就職活動)

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 私の体験談 > 大学生のとき > 卒業に向けてA(就職活動)

卒業に向けてA(就職活動)




大学3年生も終わりに近づいたころ、周囲が就職活動に動き出していることに気が付きました。
私はその頃、まだ4年で卒業できるかどうか分からないくらい単位がぎりぎりの状態だったので、それに気をとられて、就職活動の仕方も、何も分かっていませんでした。
それに、私は自分の将来について全然考えていなかったし、社会人になった自分の姿なんて、まったく想像できていませんでした。
なので、みんなに置いていかれる!と、焦りました。
自分が大学を出て、どうなりたいのか、どうしたいのかをじっくり考えたとき、学習塾でのアルバイト経験を通して、私はやっぱり子供の成長にかかわる仕事がしたいと思いました。
なので、教育業界へ就職活動をしていこうと思いました。
しかし、実際に就職活動の前段階である「自己分析」をしてみると、私は自分自身がずっと摂食障害中心に生きてきたことを改めて感じました。
面接では、自分が今まで頑張ってきたことや経験したこと、自分のよいところをどんどんアピールしなくてはいけないのに、いったい私には何があるんだろうと思いました。
「私は、高校生の頃から何も成長していない。摂食障害の自分以外知らない。何も経験していない。何も勉強していない。」 そう思いました。
私の中では、なんだか高校生の時に時摂食障害になってしまってから、時間は止まったままのような感じなのに、私は大学生になり、20歳になり、そして就職する時が近づいています。
私の年齢と自分自身が、まったく合っていないような、自分だけ置いていかれているような、そんな感じがしました。
でも、そうこう言っていられません。私は就職しなくてはいけない。
いろいろな会社を調べて、いくつか面接を受けました。
大阪に本社がある第一希望の会社では、私は4次の最終面接までこぎつけました。
100人以上いた中で、最後の3人に残ることができました!
すごく嬉しかったです。

でも、私は面接のたびに自分自身を精一杯奮い立たせて、自分を思い切り飾って、話していました。
そのせいか、やっぱり私は最終面接で落ちてしまいました。
すごく悲しかったけど、やっぱり見透かされたかなって感じでした。
いくつか面接を受けたなかで、私は数社から内定をもらいました。
すごく迷った挙句、結局私は教育業界とはまったく関係ない会社に決めました。
私はそのとき、自分がばりばり社会人として働けるのか、実家からさらに離れた土地でやっていけるのか、すごく悩みました。
転勤があったら不安だな、とか、いろいろ考えた末に、実家から電車1本1時間ちょっとで行ける距離に勤務先がある、転勤もない会社に決めたのです。
まったく興味も関心も無い業種だったのに、です。

そうこうして、結局私は4年間でぎりぎり単位をとり終えて、ちゃっかり就職先も決めて、卒業できることになりました。
でも、すごく嬉しい気持ちとか、感慨深いものは全く感じませんでした。
卒業式にも出ず、教務課で卒業証書をもらうだけでした。
なんだか、過食とダイエットに振り回された、何にもなかった大学の4年間だったなと思いました。

学費の援助をしてもらった母、遠くから私を支え続けてくれた母には、心底申し訳ない気持ちと、そして感謝の気持ちでいっぱいです。

前のページ
卒業に向けて@(単位を取らなきゃ!)
次のページ
社会人生活の始まり

□ 体験談のトップページ(メニュー一覧)へ戻る
□ 「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.