過食とダイエット@

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 私の体験談 > 社会人になって > 繰り返す過食とダイエット@

繰り返す過食とダイエット@




社会人になって、同年代の女の子たちがどんなことを考えて、どんな風に遊んで、どんな関係を築いていくのか、分かってきたような気がしました。
そしてその中で、「痩せること」はやっぱりすごくすごく大事なことなのだと実感してしまいました。
同僚はみんな痩せていて、メイクも上手で、すごくおしゃれをして会社に来ます。
人の外見や持ち物、洋服や彼氏に関する話もどんどん話題になります。
私は太っているし(実際はそんなに太ってはいなかったのですが)、メイクもろくにできないし、おしゃれな洋服も持っていませんでした。
今までは、頭の中で「私は醜い人間だ」「痩せないと価値が無い」と、ずっと考えていました。
でも、それが実感としてすごくリアルに感じられました。
「やっぱり痩せなきゃ!」 そう考えた私は、今までよりさらに激しいダイエットをするようになりました。

ダイエット用サプリメントを飲み、朝と夜は1杯100キロカロリー弱のダイエット用のシェークのみにしました。
お昼は、会社で寒天ゼリーだけ、とか春雨スープだけにしました。
これも、100キロカロリーもありません。
1日で、250キロカロリー以下くらいにセーブしました。 おなかがすいたら、水で気を紛らわせました。

運動もすごくするようにしました。
どんなときでも、すごく上の階に行くときでも、エレベーターは使わず、階段を上るようにしました。
私の会社は5時半が定時で、ほとんど残業が無いし、家も会社のすぐ近くだったので、大体6時までには家に着きます。
家に着いたらすぐに運動着に着替えて、ウォーキングしました。 6時から大体8時過ぎくらいまで、最低でも2時間は歩きました。
ウォーキングから帰ったら、ストレッチを30分くらいして、延々と筋トレをしました。
そして、お風呂に1時間くらい浸かった後で、疲れきってすぐに寝ます。
これを毎日続けました。
雨が降っても傘をさしてウォーキングしました。
時々は、朝もすごく早起きしてウォーキングしました。

こんなダイエットを毎日きちんとすると、体重はおもしろいように落ちていきました。
なんと、私は1週間で6キロも痩せることができました。
すごく嬉しくて、鏡の前に立っては足の太さを確認します。
でも6キロ痩せても、まだ私の満足する体重ではなかったし、鏡で全身を見ていると、まだまだ醜い体に見えてきます。
それに何より自分の顔が大嫌いだったので、「もっともっと痩せたい。痩せなくてはいけない」と強く思っていました。

前のページ
社会人生活の始まり
次のページ
繰り返す過食とダイエットA

□ 体験談のトップページ(メニュー一覧)へ戻る
□ 「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.