過食とダイエットA

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 私の体験談 > 社会人になって > 繰り返す過食とダイエットA

繰り返す過食とダイエットA




6キロ痩せて、「まだ痩せないと」と思って迎える週末。
朝起きても、会う人も行く場所も、行きたい場所も無いない一日が始まります。
今日は平日の倍くらい運動しよう!と意気込んでいるのに…。
平日、切り詰めて極端なダイエットをしてしまった反動で、ものすごい過食をしてしまいます。
パンを何斤も食べ続けたり、アイスのファミリーパックを何パックも食べたり。
はちきれるほどに食べ物を体に押し込んだ後、疲れきって、苦しくて、ベッドに横になり眠ってしまいました。

数時間後目が覚めて、食べ物のからが散乱している部屋の中を見て、ものすごく落ち込んでしまい、「せっかく6キロ痩せたのに!」と、自分自身が嫌になります。
すごく落ち込んで、すごく自己嫌悪になって、すごく後悔しているはずなのに、もう絶望感でいっぱいになりすぎて、やけになってまた過食してしまいます。
人目なんか考えずに泣きながらコンビニに駆け込んで買い込んでしまうこともありました。
「もう、今回で最後。食べるだけ食べて、もう死んでいいから。食べる!」 と、一日中過食をしては眠り、過食をしては眠りを延々と繰り返します。
それが、土日の二日間に及んで続きます。
月曜日まで続き、会社を休んでしまうこともありました。
頭の中は食べ物のことでいっぱいで、他には何も考えられませんでした。
苦しくて、でも食べたくて、私はひとり生き地獄にいるようでした。
でも、その食べ物地獄の中でしか生きられないような、そんな感じもしていました。

社会人になってからは、大学生のときほど下剤乱用はひどくありませんでした。
下剤を大量に飲んで苦しむのは、月に1回か2回に減っていました。
その代わり、時々自分から嘔吐するようになっていました。
ただ、私の場合嘔吐するのがすごく苦しくて、習慣になってはいませんでした。
ですから、食べれば食べるほど太りました。
なんと、1週間で6キロ痩せた体重が、週末だけで一気に6〜7キロ太ってしまうこともありました。
鏡で見ても、この前見たはずの痩せた自分とは明らかに違う体がそこにはあります。
私は、廃人のような顔をして、呆然と鏡の前で立ち尽くし、イライラし、泣き叫んでは部屋中をのたうちまわりました。

こんなふうに、社会人になってからの私は、何ヶ月も何ヶ月も極端なダイエットと過食を1間〜2週間単位で繰り返しました。
6〜7キロ一気に痩せて、過食して6〜9キロ太ってを、延々と繰り返しました。
まるでスポンジのようでした。
*実際は、2日や1週間程度で6〜9キロ太る(脂肪が増える)ということはないそうです。 過食によるひどいむくみも体重増加の原因らしいです。

ダイエットがうまくいっているときは、会社でも楽しく過ごすことができました。
でも、ひどく過食してしまったり、下剤を使ってしまった後は、会社を休んでしまうこともありました。
会社に行けたとしても、だれも寄り付けないくらいひどい顔をして仕事していたと思います。
自分の机でパソコンに向かい仕事をしていると、突然息苦しくなってしまったり、涙があふれてくることもありました。
トイレに駆け込んでシクシク泣いて…。
本当に、元気なときと落ち込んでいるときの差がとても激しかったです。
きっと同僚もみんな驚いて、気味悪がっていたんじゃないかと思います。

ダイエットと過食をこれほどひどく延々と繰り返して、本当にバカみたいだと自分でも分かってはいました。
一方で、私には「痩せる」ということは、「私が生きるために最低限超えなくてはいけないこと」だと考えていたし、「私は痩せなければ何の価値も無い」と思っていたので、ダイエットをするのは当然のことでした。
「痩せる」か「死ぬ」かしかないと思っていたのです。
でも、結局過食してしまってリバウンドしてしまっていたわけです。
過食するときは「もう死ぬから、死んでいいから、だから過食する」と思って食べていました。
心の中では「死ぬこと」を前提にして過食していたのです。
でも、死ねませんでした。
手首を切るくらいしかできなくて、手首を浅く切るだけで「痛い」と思う自分が、また自分自身に自己嫌悪感を抱かせていました。
そしてまた、過食から立ち直り精神的に落ち着くと、「今度こそ過食しないぞ!絶対に痩せてみせるんだ!」と本気でそう思ってダイエットに再び取り組みました。
痩せて元気な自分のときは、浅はかにも「もう私は大丈夫だ!」とか思っていました。

このころは、大学時代通っていたクリニックにも遠くて行けなくなっていて、かといって新しく病院に行き始めることもなく過ごしていました。

前のページ
繰り返す過食とダイエット@
次のページ
休職

□ 体験談のトップページ(メニュー一覧)へ戻る
□ 「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.