生い立ち

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 私の体験談 > 私の生い立ち

私の生い立ち




まず、私の生い立ちを本当に簡単に書きます。私は、すごく田舎で生まれ育ちました。
私が中学生くらいまではコンビニは町に一軒しかなくて、行くのに、車で10分〜15分はかかりました。
遊ぶようなところは何にも無くて、川とか山しかありませんでした。

私には、両親と祖父母、兄と妹がいました。
7人家族でした。両親は共働きでした。
母は美人で料理上手。父もとってもかっこよくて、私にとって両親は自慢でした。
祖父母は農業をしていましたので、田植えや稲刈り、お茶摘みなどは、一家総出でやっていました。
私はおばあちゃん子で、小さい頃はおばあちゃんのそばにまとわり付いて、学校での出来事を延々と話すのが大好きでした。
私の性格は、結構明るくて、何事も積極的だったように思います。
責任感も自己主張も強い。完璧主義で負けず嫌い。
欠点はもちろんいっぱいいっぱいあったけど、一見すると結構優等生タイプの女の子だったように思います。
友達も多かったつもりだし、スポーツもできて、勉強も好きでした。
保育園生の頃から、スイミングスクールに通い、ピアノも習っていました。

中学生の頃は、バスケットボール部に所属してキャプテンをつとめました。
勉強も楽しくて、塾にも自分から行きたくて通っていました。

とにかく中学時代の学校生活は、今考えるととてもとても充実していて、めまぐるしく日々が過ぎていっていたように思います。

でも、中学生1年生のときに私達家族の人生を大きく変える出来事が起きていました。
そして、その後母と私達兄妹3人は家を出て、母の実家へと移り住みました。

正式に両親の離婚が成立したのは、その1年後くらいだったと思います。

次のページ「きっかけはダイエット

□ 体験談のトップページ(メニュー一覧)へ戻る
□ 「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.