進路

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 私の体験談 > 大検と大学受験 > 進路に迷う

進路に迷う




私は、高校を退学しても絶対に勉強を続けたいと思っていましたし、絶対に落ちこぼれるようなことだけはしたくないと思っていました。
高校を辞めるときに、先生に「退学したものはみんな道をはずしていってしまうんだ」と言われました。
それがすごく悔しかったです。
私は、学校が好きでした。
でも、辞めざるを得なかった。
それは確かに、留年したくない、こんな先生達にはもう頼りたくも無いというような、私のプライドがそうさせていたのかもしれません。
でも、好きで辞めたわけではありませんでした。
高校を辞めても、絶対に勉強を続けて、大検に合格し、大学に行ってやるんだと思いました。
大学という道ではなくても良いから、絶対に高校の友達や先生を見返してやりたいという気持ちも持っていました。

高校を辞めて、一人で大検の勉強を始めましたが、なかなか思い通りには行きませんでした
私は、いろいろ考えた末に、大検予備校に通うことにしました。
そこは、高校を中退した人が多く通っている学校で、私の実家からはとても遠かったので、一人暮らしをすることにしました。
一人暮らしをしたいと思ったのには、他にも理由がありました。

母に一人暮らしをし、大検予備校に通いたいと言うと、すごくあっさりOKが出ました。

今考えれば、よく過食しながら、あんなに荒れた状態で一人暮らしに踏み切ったものだと思います。
ですが、環境を変えれば…という思いもありました。
もう、この町にはいたくない…そんな想いがあったのです。

前のページ「高校中退 次のページ「17歳の一人暮らし

□ 体験談のトップページ(メニュー一覧)へ戻る
□ 「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.