一人暮らし

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 私の体験談 > 大検と大学受験 > 17歳の一人暮らし

17歳の一人暮らし




私は、大検予備校を見つけ、その近くに一人暮らしすることに決めました。
一人暮らしに関するお金は母が出してくれました。
実家からは特急電車で1時間程度、他にもバスなどを使って、計1時間半程度の距離です。

何の準備も無いままの、本当に突然の決意でしたから、短期間のうちに高校を退学し、大検予備校行きを決定し、引越しを行いました。
突然始めた新天地での生活は、大学受験に本腰を入れる頃まで続くことになりました。
期間的にはほんの10ヶ月程度でした。
ほんの10ヶ月程度のことですが、私にとってはあまりにも中身の濃い時間をすごすことになりました。

まず、大検予備校での生活は、本当にいろいろ大変なこともあり、いろいろな人との出会いもありました。
高校中退した人が集まっているし、不思議な空間だったような気がします。

それに、はじめてのアルバイト。
大検予備校へ行く時間以外は、ほとんどバイトの時間に当てました。
バイト先では、私が一番年下で、とてもよくしてもらいました。
いろんな人に出会って、いろんな勉強をさせてもらいました。

大検予備校でのいろんなエピソード、アルバイト先でのたくさんの経験談は、あまりに多くありすぎて、きちんと書くのは大変です。
摂食障害にはあんまり関係ないし、ここには書かなくても良いかなと思うけど、今思えばとても素敵な経験もあったし、最悪の出会いもハプニングもあったし、ちゃんと覚えているうちに書いておきたいなと思っています。
まぁ、いつになるかは分からないけど…;;

前のページ「進路に迷う 次のページ「過食と生活

□ 体験談のトップページ(メニュー一覧)へ戻る
□ 「摂食障害(過食症・拒食症)を生きて」トップページへ戻る

Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.