家族背景

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 摂食障害とは > 病気の背景 > 家族背景

家族背景


摂食障害の要因の大きなものとして、家族背景が挙げられることは非常に多いように思います。
特に、患者さんと母親との関係については様々なことが言われています。

母親が子供(患者さん)に対して依存していたり、子供に対して距離をとっていたり、または過保護であったり。

母親が子供に対して依存していたり、距離をとっていたりすると、子供は家族から十分な愛情を受けることができません。
愛情を受けることなく、早々に自立することが求められます。
過保護でありすぎると、子供は自分の人生を自分で選び生きているという実感が持てず、十分な自我が育ちません。

摂食障害患者さんの多くが、愛情に飢えていたり、自分がどう生きていったら良いかわからないというような感じがしていたり、自分自身に全く自信がもてないという人が多くいます。
家族とのかかわりの中で愛情不足であったり、子供から大人になる過程での自立や自我の形成に失敗してしまったのかもしれません。

母親だけに原因を求めるわけではありませんし、育て方が悪かったからだと決め付けることもできません。
そもそも、原因探しをすることが、必ずしも患者さんや家族にとって良い方に働くとは限りません。
過去には、何らかの出来事があったかもしれません。
しかし、それは過去に起きたことであり、もう過ぎ去ってしまっています。
その時とは、家族も御本人も、そして取り巻く環境も変わっていることでしょう。
原因探しに必死になるあまり、誰かが不必要に傷ついたりすることのないようにしたいものです。


↑このページの一番上へ

トップページへ戻る
■病気の概要■
一般的なイメージ
摂食障害の分類
 ├ 過食症とは(診断基準)
 ├ 拒食症とは(診断基準)
 └ 特定不能の摂食障害とは
*摂食障害の捉え方
 ├ 摂食障害は病気じゃない?
 └ 食行動への嗜癖という見方

■身体への影響■
嘔吐・下剤乱用による身体的影響
拒食(やせ)による身体的影響

■心の症状と行動■
考え方の特徴
* 心の症状

 ├ 偏った病識(過食症)
 ├ 病識の欠如(拒食症)
 ├ ボディーイメージの障害
 ├ もう一人の自分と心の葛藤
 ├ イライラ
 ├ 落ち込み・うつ状態
 ├ 自信喪失・見せかけの自信
 ├ 先のことへの不安と心配
 └ 妄想
* 行動
 ├ 活動性亢進
 ├ 食事へのこだわり
 ├ 引きこもり
 ├ 退行
 ├ 万引き・盗み
 ├ 隠れ食い・買いだめ行為
 ├ 依存
 └ 自殺企図・自傷行為

■病気の背景■
摂食障害になりやすい人は?
* なぜ摂食障害になるのか
 ├ 社会的・文化的背景
 ├ 心理的背景
 └ 家族背景
Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.