摂食障害になりやすい人

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 摂食障害とは > 病気の背景 > 摂食障害になりやすい人は?

摂食障害になりやすい人は?


摂食障害になりやすい人には、ある程度の共通した性格、行動のタイプがあると言われています。
それを簡単に言うならば、まじめな優等生タイプで、学校でも家庭内でも「良い子」です。
みんなの言うことを良く聞き、いさかいやトラブルが起きないよう、周囲に気を使います。
ある意味、気が小さい一面もあるのかもしれません。
何事にも一生懸命に取り組み、完璧を目指し頑張るタイプが多く、逆を言えば負けず嫌いで融通がききません。
とても頑張り屋で努力家なので、成績もとても優秀です。
偏差値で摂食障害患者数を比較した調査では、進学校では、あまり成績の良くない高校より、摂食障害受診患者数が約30倍もあったそうです。(『拒食、過食のながいトンネルをぬけて』より)
学校では、友達が多いのですが自分から友達に頼ったりすることは少ないようです。
周囲に意見を合わせているか、みんなを引っ張っていくようなタイプです。
親からすれば「手のかからない子」である場合が多く、気が付けば「親の期待通りに生きている子」であったりもします。
親の期待を先取りして、それに応え、家族を満足させることで自分は愛されていると感じます。
家庭で何か問題があったりすると、その子はみんなの想いをくみとり、家族全体の調整役となりどうにかまとめようと努力します。
自分の感情どおりに行動するより、周りを優先する場合が多いので、ある時点で「私はこんなに頑張っているのに、誰も分かってくれない」「家族は私を見ていてくれない」というような思いを抱いたりして、精神的な反動が摂食障害として表れたりします。


↑このページの一番上へ

トップページへ戻る
■病気の概要■
一般的なイメージ
摂食障害の分類
 ├ 過食症とは(診断基準)
 ├ 拒食症とは(診断基準)
 └ 特定不能の摂食障害とは
*摂食障害の捉え方
 ├ 摂食障害は病気じゃない?
 └ 食行動への嗜癖という見方

■身体への影響■
嘔吐・下剤乱用による身体的影響
拒食(やせ)による身体的影響

■心の症状と行動■
考え方の特徴
* 心の症状

 ├ 偏った病識(過食症)
 ├ 病識の欠如(拒食症)
 ├ ボディーイメージの障害
 ├ もう一人の自分と心の葛藤
 ├ イライラ
 ├ 落ち込み・うつ状態
 ├ 自信喪失・見せかけの自信
 ├ 先のことへの不安と心配
 └ 妄想
* 行動
 ├ 活動性亢進
 ├ 食事へのこだわり
 ├ 引きこもり
 ├ 退行
 ├ 万引き・盗み
 ├ 隠れ食い・買いだめ行為
 ├ 依存
 └ 自殺企図・自傷行為

■病気の背景■
摂食障害になりやすい人は?
* なぜ摂食障害になるのか
 ├ 社会的・文化的背景
 ├ 心理的背景
 └ 家族背景
Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.