ボディーイメージの障害

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 摂食障害とは > 心の症状と行動 > ボディーイメージの障害

ボディーイメージの障害


摂食障害患者さんは、自分の身体像の捉え方に歪みがある場合が多いと考えられています。
自分の身体像とは、自分がどういう体型をしているか、などの自分自身の見た目に対する客観的なイメージのことです。
自分の身体像を正確に認識できないことをボディーイメージの障害といいます。
このボディーイメージの障害は、摂食障害患者さんのもつ重大な症状のひとつで、特に拒食症患者さんによくみられます。

拒食症患者さんは、自分の体型がやせ細っているにもかかわらず、それを正確に認識でないことが多くあります。
細いものを細いとは思えず、細いものも太く見えてしまうのです。
周囲から見れば、明らかに細すぎるものが、本人にとってみればちょうどいいように感じます。
体重の数値は低い状態にあることは分かっていても、見た目には太く感じてしまいます。

ただ、自分でもある程度は痩せすぎているのではないかと理解できている人もいます。
しかし、「今のままがいい」「もっと痩せたい」という気持ちが強いので、周囲には「私は痩せていない」と主張する場合があるのです。

拒食症患者さんを持つ家族、周囲の人は、拒食症患者さんがあまりに痩せすぎているので、「とにかく食べさせたい」と思い、拒食症患者さんの「自分は痩せすぎていない」という考えを変えようと説得すると思います。
ですが、これは「あなたは痩せすぎている」「いや、私は痩せてない」という押し問答に終わってしまいます。
お互いが持つ体型に対する判断のものさしが違っているので、お互いが、お互いの考えを理解し合うことは大変難しくなっています。

このようなボディーイメージの障害は、本人が摂食障害から立ち直ろうとする意欲の妨げとなってしまったりして、治療の上でとても大きな障害になってしまうことがあります。


↑このページの一番上へ

トップページへ戻る
■病気の概要■
一般的なイメージ
摂食障害の分類
 ├ 過食症とは(診断基準)
 ├ 拒食症とは(診断基準)
 └ 特定不能の摂食障害とは
*摂食障害の捉え方
 ├ 摂食障害は病気じゃない?
 └ 食行動への嗜癖という見方

■身体への影響■
嘔吐・下剤乱用による身体的影響
拒食(やせ)による身体的影響

■心の症状と行動■
考え方の特徴
* 心の症状

 ├ 偏った病識(過食症)
 ├ 病識の欠如(拒食症)
 ├ ボディーイメージの障害
 ├ もう一人の自分と心の葛藤
 ├ イライラ
 ├ 落ち込み・うつ状態
 ├ 自信喪失・見せかけの自信
 ├ 先のことへの不安と心配
 └ 妄想
* 行動
 ├ 活動性亢進
 ├ 食事へのこだわり
 ├ 引きこもり
 ├ 退行
 ├ 万引き・盗み
 ├ 隠れ食い・買いだめ行為
 ├ 依存
 └ 自殺企図・自傷行為

■病気の背景■
摂食障害になりやすい人は?
* なぜ摂食障害になるのか
 ├ 社会的・文化的背景
 ├ 心理的背景
 └ 家族背景
Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.