自殺・自傷行為

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 摂食障害とは > 心の症状と行動 > 自殺企図・自傷行為

自殺・自傷行為


摂食障害、特に過食症の患者さんは、多くの人が一度は「死にたい」と考えたことがあるのではないかと思います。
拒食症初期の患者さんは、本人にとって「やせる」「自分(食欲・体重)をコントロールできている」という満足感、安定したような感覚から、自殺したいと考える人はほとんどいないようです。

ですが、一転過食し始めてしまった人は、自分に自信をなくし、自分が異常であるという自覚、太り続けてしまうという恐怖に襲われます。
人とのつながりも徐々に薄れ、孤独感を強くしてしまい、毎日毎日が過食・不安・恐怖との戦いとなります。
摂食障害の期間が長くなればなるほど、それに対して頑張り続けることに疲れきってしまいます。
そして、いつ治るともしれない摂食障害のため、未来に絶望し、「死にたい」と思ってしまいます。

摂食障害患者さんの自殺企図行為は、未遂で終わり、それを繰り返す場合が多いようです。
いわゆるリストカットを繰り返す行為も見られます。
本気で死ぬために傷つけてしまうというより、傷つける行為によって自分の心の苦しみを表面化させたい、誰かに気づいて欲しいという気持ちも根底にあるように思います。
また、切ることでとりあえず死にたいという強い気持ちがおさまるという人もいます。

家族や周囲の人にとっては、自傷行為・自殺企図は、本当に心配で理解に苦しむ場合も多いと思います。
思わず、「なぜそんなことをするのか」「そんなことで死ぬわけ無いのに」「迷惑ばかりかけて」と怒鳴りたくなるでしょう。
しかし、自分を傷つける、死のうとするというのは、そうせざるを得ないほどに本人が一番苦しんでいるということです。


↑このページの一番上へ

トップページへ戻る
■病気の概要■
一般的なイメージ
摂食障害の分類
 ├ 過食症とは(診断基準)
 ├ 拒食症とは(診断基準)
 └ 特定不能の摂食障害とは
*摂食障害の捉え方
 ├ 摂食障害は病気じゃない?
 └ 食行動への嗜癖という見方

■身体への影響■
嘔吐・下剤乱用による身体的影響
拒食(やせ)による身体的影響

■心の症状と行動■
考え方の特徴
* 心の症状

 ├ 偏った病識(過食症)
 ├ 病識の欠如(拒食症)
 ├ ボディーイメージの障害
 ├ もう一人の自分と心の葛藤
 ├ イライラ
 ├ 落ち込み・うつ状態
 ├ 自信喪失・見せかけの自信
 ├ 先のことへの不安と心配
 └ 妄想
* 行動
 ├ 活動性亢進
 ├ 食事へのこだわり
 ├ 引きこもり
 ├ 退行
 ├ 万引き・盗み
 ├ 隠れ食い・買いだめ行為
 ├ 依存
 └ 自殺企図・自傷行為

■病気の背景■
摂食障害になりやすい人は?
* なぜ摂食障害になるのか
 ├ 社会的・文化的背景
 ├ 心理的背景
 └ 家族背景
更新履歴参考文献利用上の注意リンクリンクについて
Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.