自信喪失・見せかけの自信

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 摂食障害とは > 心の症状と行動 > 自信喪失・見せかけの自信

自信喪失・見せかけの自信


拒食症患者さんは、自分自身が体重をコントロールし、望どおりに痩せていることで、自分自身に自信を持っていることがあります。
一見するとあまりに痩せすぎてかわいそうなくらいなのに、本人は、他の人がなかなか成功しない減量に自分は成功していることで、勝ち誇った気持ちすら抱いていることがあります。

しかし、拒食症患者さんが持つ自信というのは、体重の数字のみに頼ったものであり、本当の自分自身に対しては自信がありません。

摂食障害の患者さんは、周囲が持つ自分への評価に人一倍敏感です。
本当の自分自身のままだと、自分は全く評価されない、誰にも好きになってもらえない、自分には何も無い、というような感じがしています。
ですから、痩せることでその自信のなさや寂しさを埋めよう、自信の無い自分を隠そうととしています。

拒食症患者さんは痩せることに成功しているので、自分の評価=体重・体型として考え、痩せた自分に自信を持ちます。
ですが結局この自信は見せかけのものであり、自信の無い自分・さびしい自分を隠すためのものなのです。

一方、過食症患者さんは、過食衝動を自分がコントロールできず、異常なほど食べまくってしまい、それまではうまくいっていた生活が、過食によって支配されて不自由なことが生じてくることで、それまでの自分が築いてきたものが崩れるような感じがして、自身を喪失します。
過食をする自分自身は、とても惨めで情けなく、今までの自分とは別人のように思えます。
自分はこんな人間だったのかと、自分に失望し、過食した後は自己嫌悪に襲われます。
過食がひどくなり、精神的にも不安定になることで、それまで築いてきた人間関係や学校での勉強、会社での仕事なども、うまくやりこなすことができなくなります。
そうすることでますます自信を失っていくことになります。


↑このページの一番上へ

トップページへ戻る
■病気の概要■
一般的なイメージ
摂食障害の分類
 ├ 過食症とは(診断基準)
 ├ 拒食症とは(診断基準)
 └ 特定不能の摂食障害とは
*摂食障害の捉え方
 ├ 摂食障害は病気じゃない?
 └ 食行動への嗜癖という見方

■身体への影響■
嘔吐・下剤乱用による身体的影響
拒食(やせ)による身体的影響

■心の症状と行動■
考え方の特徴
* 心の症状

 ├ 偏った病識(過食症)
 ├ 病識の欠如(拒食症)
 ├ ボディーイメージの障害
 ├ もう一人の自分と心の葛藤
 ├ イライラ
 ├ 落ち込み・うつ状態
 ├ 自信喪失・見せかけの自信
 ├ 先のことへの不安と心配
 └ 妄想
* 行動
 ├ 活動性亢進
 ├ 食事へのこだわり
 ├ 引きこもり
 ├ 退行
 ├ 万引き・盗み
 ├ 隠れ食い・買いだめ行為
 ├ 依存
 └ 自殺企図・自傷行為

■病気の背景■
摂食障害になりやすい人は?
* なぜ摂食障害になるのか
 ├ 社会的・文化的背景
 ├ 心理的背景
 └ 家族背景
Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.