隠れ食い・買いだめ行為

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 摂食障害とは > 心の症状と行動 > 隠れ食い・買いだめ行為

隠れ食い・買いだめ行為

隠れ食い

摂食障害の人は過食する際に、人前で食べることはまれです。
たいていの場合誰もいない部屋にこもって人知れず食べ続けては苦しんでいます。
ですから、家族にも誰にも気づかれないこともあります。
本人は、自分の行動の異常さを自覚していますので、その姿を見せまいとするのです。

また、過食症の人の中には普通の食事であっても人前で食べることを苦手とする人もいます。
人前ではほとんど食べられない、または恐る恐る食べているという感じです。
これは、食べること=太ることという考えから、食事に対して嫌悪感、罪悪感を抱いているのです。

拒食症患者さんは、自分が食事を制限してほとんど食べていないということを家族にばれないようにするために、人前で食べるのを嫌がる場合があります。
食事を部屋で食べると言っては、捨ててしまったりします。
それに、摂食障害の人は普通の食事がどういうものなのか、分からなくなってしまっている人が多いようです。
どれくらいの時間をかけて、何をどれくらい食べたら良いのか、よく分からないという人がいます。
私は、友人と食事をするときに、自分の食べる量が適正なのかどうか、いつもびくびくしていました。

買いだめ行為

買い物行為に関する異常行動に、「買いだめ」があります。
お菓子や菓子パンなどを、過食衝動とは別に、特に買う必要が無いにもかかわらず大量に買い込んでは押入れなどにどんどんためこんでいくのです。
常に自分の自由になる範囲内に多くの食べ物がないと不安で仕方が無い…そう感じるためのようです。


↑このページの一番上へ

トップページへ戻る
■病気の概要■
一般的なイメージ
摂食障害の分類
 ├ 過食症とは(診断基準)
 ├ 拒食症とは(診断基準)
 └ 特定不能の摂食障害とは
*摂食障害の捉え方
 ├ 摂食障害は病気じゃない?
 └ 食行動への嗜癖という見方

■身体への影響■
嘔吐・下剤乱用による身体的影響
拒食(やせ)による身体的影響

■心の症状と行動■
考え方の特徴
* 心の症状

 ├ 偏った病識(過食症)
 ├ 病識の欠如(拒食症)
 ├ ボディーイメージの障害
 ├ もう一人の自分と心の葛藤
 ├ イライラ
 ├ 落ち込み・うつ状態
 ├ 自信喪失・見せかけの自信
 ├ 先のことへの不安と心配
 └ 妄想
* 行動
 ├ 活動性亢進
 ├ 食事へのこだわり
 ├ 引きこもり
 ├ 退行
 ├ 万引き・盗み
 ├ 隠れ食い・買いだめ行為
 ├ 依存
 └ 自殺企図・自傷行為

■病気の背景■
摂食障害になりやすい人は?
* なぜ摂食障害になるのか
 ├ 社会的・文化的背景
 ├ 心理的背景
 └ 家族背景
Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.