葛藤

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 摂食障害とは > 心の症状と行動 > もう一人の自分と心の葛藤

もう一人の自分と心の葛藤


過食状態にいるときは、「痩せたい」「太りたくない」という肥満への恐怖、痩せたいという願望とは裏腹に、自分ではどうしようもないほどの猛烈な食欲が衝動的に起こります。
よく、過食症の人は「二重人格にでもなったかのようだ」「もう一人の自分がいる」という感覚を持ちます。
摂食障害の人の「痩せたい」という願望「太りたくない」という恐怖は、普通とは違い脅迫的なほどです。
それにもかかわらずものすごい過食衝動が起こるのです。

過食症の人は、いつ自分がまた過食してしまうのか、びくびくしています。
頭の中にはいつも痩せたい自分と食べようとする自分がいます。
普通の精神状態の人ならば、それをどうにか理性でコントロールできるでしょうし、食べたい欲求が勝って食べたとしても、その程度は知れています。
ですが、過食症の人は本人が「別の人格のようだ」と感じてしまうほど食べ続けてしまうのです。
自分でも、その行動を理解することが難しく、自分で自分自身を醜く、異常だと感じ、ひとりで思い悩むことになります。

拒食症患者さんは、自分が痩せすぎていることを認識し「拒食症から立ち直りたい」という治療への意欲が沸いてきたときに、「食べなくちゃいけない」という思いと、「でも太りたくない」「痩せたままがいい」という思いの間で激しく葛藤することになります。

また、食行動に関わらず、日常生活の様々な場面で
「〜したい。でも太っているから〜できない。」
「〜しなくちゃ。でも私は〜だからできない。」
「〜したい。痩せてからならできるのに、今の体型ではできない。」
といったように、何かにつけて体型や体重、外見によって自分の行動を制限しようとする自分がいます。
常に心の中で同時に正反対のことを考えて悩む場合が多く見られます。


↑このページの一番上へ

トップページへ戻る
■病気の概要■
一般的なイメージ
摂食障害の分類
 ├ 過食症とは(診断基準)
 ├ 拒食症とは(診断基準)
 └ 特定不能の摂食障害とは
*摂食障害の捉え方
 ├ 摂食障害は病気じゃない?
 └ 食行動への嗜癖という見方

■身体への影響■
嘔吐・下剤乱用による身体的影響
拒食(やせ)による身体的影響

■心の症状と行動■
考え方の特徴
* 心の症状

 ├ 偏った病識(過食症)
 ├ 病識の欠如(拒食症)
 ├ ボディーイメージの障害
 ├ もう一人の自分と心の葛藤
 ├ イライラ
 ├ 落ち込み・うつ状態
 ├ 自信喪失・見せかけの自信
 ├ 先のことへの不安と心配
 └ 妄想
* 行動
 ├ 活動性亢進
 ├ 食事へのこだわり
 ├ 引きこもり
 ├ 退行
 ├ 万引き・盗み
 ├ 隠れ食い・買いだめ行為
 ├ 依存
 └ 自殺企図・自傷行為

■病気の背景■
摂食障害になりやすい人は?
* なぜ摂食障害になるのか
 ├ 社会的・文化的背景
 ├ 心理的背景
 └ 家族背景
Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.