妄想

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 摂食障害とは > 心の症状と行動 > 妄想

妄想


妄想や幻覚などは、統合失調症やアルコール中毒の患者さんによく見られる症状ですが、精神的に追い詰められた摂食障害患者さんにも見られることがあるようです。
主に、被害妄想のようなものが多く、「みんなが自分の悪口を言っている・笑っている」というものが多いようです。

私の場合、人の多い街中に行くと「みんなが自分を軽蔑の目で見ている」とか、笑い声がすれば「私のことを笑っている」と思うときがありました。
それに、洋服を買いに行くと、「店員が私を嫌がっている」と感じ、買いに行くのが本当に恐ろしく感じるときがありました。
それは、「私を笑っているように思う」とかいうものではなく、私にとっては「みんなが私を笑っている」ということが事実なので、本当に辛かったです。
今でこそそれが単なる自分の思い込み、妄想であることが理解できますが…。


↑このページの一番上へ

トップページへ戻る
■病気の概要■
一般的なイメージ
摂食障害の分類
 ├ 過食症とは(診断基準)
 ├ 拒食症とは(診断基準)
 └ 特定不能の摂食障害とは
*摂食障害の捉え方
 ├ 摂食障害は病気じゃない?
 └ 食行動への嗜癖という見方

■身体への影響■
嘔吐・下剤乱用による身体的影響
拒食(やせ)による身体的影響

■心の症状と行動■
考え方の特徴
* 心の症状

 ├ 偏った病識(過食症)
 ├ 病識の欠如(拒食症)
 ├ ボディーイメージの障害
 ├ もう一人の自分と心の葛藤
 ├ イライラ
 ├ 落ち込み・うつ状態
 ├ 自信喪失・見せかけの自信
 ├ 先のことへの不安と心配
 └ 妄想
* 行動
 ├ 活動性亢進
 ├ 食事へのこだわり
 ├ 引きこもり
 ├ 退行
 ├ 万引き・盗み
 ├ 隠れ食い・買いだめ行為
 ├ 依存
 └ 自殺企図・自傷行為

■病気の背景■
摂食障害になりやすい人は?
* なぜ摂食障害になるのか
 ├ 社会的・文化的背景
 ├ 心理的背景
 └ 家族背景
Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.